前回の「イヤホン、9999円の左右独立型ワイヤレスが1位!――e☆イヤホンに聞く」に引き続き、今回はe☆イヤホン秋葉原店にBluetoothスピーカーの売れ筋を取材した。同店広報の松田信行氏によると、最近は屋外で使うことを前提にBluetoothスピーカーを買い求めるのが主流になっているそうだ。「据え置き用でも、旅行やキャンプなどのイベントでたまに持ち出したりしたいという人は増えていますし、それに対応できる防塵防滴の製品が人気になっています。Bluetoothも進化していて、移動中でも音切れがかなり抑えられますしね」という。

 アウトドアへのモバイル用途が盛り上がる春夏シーズンに向けて、これから各社の新モデルがどんどん登場してくると予想される。現時点での売れ筋は、そのトレンドを読むベースになるはずだ。

■Bluetoothスピーカーの売れ筋ランキング
1位 STORM Weatherproof Wireless Speaker with Bluetooth Soul 5980円(税込み)
IP67の防塵防水性能を備えたつり下げタイプのスピーカー。フル充電で8時間の連続再生が可能で、サイズと重量はW93×D42×H102mm/約162gとなる。カラーは4種類をそろえる。
2位 PULSE2 JBL 1万9323円(税込み)
音楽にあわせてLEDライトが光るイルミネーション機能を備えたモデルで、IPX5の防水性能を持つ。サイズと重量はW194.4×D84.2×H84.2mm/約775g。連続駆動の目安は約10時間となる。
3位 Voom20 VA-SK002 VAVA 1万2999円(税込み)
IPX5の防水性能を持つ横置き型モデルで、Bluetooth 4.0やNFCをサポートしている。フル充電で約10時間の連続再生が可能。サイズと重量はW192×D71×H60.5mm/約694gとなる。
4位 CLIP2 JBL 6560円(税込み)
カラビナや3.5mmジャックを備えたBluetoothスピーカー。フル充電で約8時間駆動し、防水仕様はIPX7等級となる。サイズと重量はW94×D42×141mm/約184g。カラーは6種類。
5位 UE BOOM 2 WS710 Ultimate Ears 2万3090円(税込み)
IPX7等級の防水性能を持つスピーカー。フル充電で約15時間使え、もう1本と連係して2スピーカー構成も可能。サイズと重量はW67×D67×H180mm/約548gとなる。カラーは4種類。

 「STORM Weatherproof Wireless Speaker with Bluetooth」が一番人気となり、4位にも「CLIP2」がランクインするなど、つり下げタイプの勢いが感じられる。一方で、Bluetoothスピーカー定番の「PULSE2」の対抗馬になりうる「Voom20 VA-SK002」や「UE BOOM 2 WS710」も堅調な様子だ。それぞれの人気の理由は次のページから追っていきたい。

※過去のモバイルスピーカーの売れ筋調査

2016年4月 e☆イヤホン秋葉原店

2014年8月 ビックカメラ新宿西口店

※参考…同店の通勤通学向けイヤホンの売れ筋ランキング
1位 VA-BH001 VAVA 9999円(税込み)
2位 TT-BH07 タオトロニクス 2699円(税込み)
3位 Co-Donguri雫 茶楽音人 4300円(税込み)
4位 SHE971x フィリップス 2980円(税込み)
5位 CARBO BASSO ZERO AUDIO 3920円(税込み)
6位 WHITE TENORE ZERO AUDIO 4374円(税込み)
7位 SE215m+ Special Edition SHURE 1万2270円(税込み)
8位 碧(SORA) アンティーム 4830円(税込み)
カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。ワイヤレスイヤホンコーナーのひとつ奥にBluetoothスピーカー売り場がある
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2017年2月23日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。