新生活シーズンということで、今回はe☆イヤホン秋葉原店に通勤通学向けに売れているイヤホンの売れ筋を取材した。同店広報の松田信行氏は「最近は、5000円以下でもかなり音質のいいイヤホンが増えています。さらに、ワイヤレスで2000円台のモデルもあって、ぜいたくに選べる好ましい状況ですよ」と話していた。季節性の高いテーマということで、ごく最近の売れ行きからランキングを解説してもらったが、3位以降は混戦気味ということでベスト8まで紹介しよう。ランキングは以下のようになる。

●通勤通学向けイヤホンの売れ筋ランキング
1位 VA-BH001 VAVA 9999円(税込み)
左右独立型のBluetoothイヤホン。連続音楽再生は約2時間、連続通話時間は3.5時間となる。IPX4の防汗仕様で、重量は2個合計で12.8g。e☆イヤホンの先行独占取り扱いモデル。
2位 TT-BH07 タオトロニクス 2699円(税込み)
フル充電で最大6時間再生可能なBluetoothイヤホン。Bluetooth 4.1+aptXに対応し、マイクも内蔵する。イヤーチップとフックが3タイプ付属。カラーはブラックとグリーンとなる。
3位 Co-Donguri雫 茶楽音人 4300円(税込み)
ドングリ型のデザインを採用した有線イヤホンで、上位の「Donguri-楽」のコンセプトを踏襲している。ハイレゾ対応をうたい、カラーバリエーションは限定色含めて5種類ある。
4位 SHE971x フィリップス 2980円(税込み)
φ8.6mmのドライバーを採用したワイヤードタイプの入門機のロングセラー。カラーはブラックとレッド、ホワイト、ブルーの4種類をそろえる。ケーブルキーパーが付属する。
5位 CARBO BASSO ZERO AUDIO 3920円(税込み)
CARBOシリーズのなかでも重低音を強化した作りのワイヤードモデル。φ8.5mmのドライバーを採用しており、カラーバリエーションはブラック1色となる。
6位 WHITE TENORE ZERO AUDIO 4374円(税込み)
先行する「CARBO TENORE」のホワイトカラーモデル。ワイヤードのダイナミック型で、コードの絡まりを防止するマグネットクリップを新たに付属している。
7位 SE215m+ Special Edition SHURE 1万2270円(税込み)
1万円台の定番モデル「SE215」と同じドライバー、「SE215 Special Edition」と同じチューニングを施したマイク内蔵モデル。ホワイト一色で、リケーブル対応モデルとなる。
8位 碧(SORA) アンティーム 4830円(税込み)
独自開発のセラミック製「VCツイーター」とφ10mmダイナミックウーハーを組み合わせたハイブリッドなカナル型モデル。ハイレゾ対応のワイヤードタイプとなる。カラーは1色。

 ワイヤレスで3000円を切る「TT-BH07」や、5000円以下で定番の「Co-Donguri雫」に「SHE971x」などを抑え、左右独立型のトゥルーワイヤレス型イヤホン「VA-BH001」がトップに入るという意外な構成となっていた。松田氏は「イヤホンジャックを廃止したiPhone 7/7 Plusが2016年9月に登場して以来、ワイヤレスとともにトゥルーワイヤレスの需要も高まっているのも重なっていると思います」という。具体的な人気の理由は次のページからみていきたい。

カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。売れ筋のイヤホンは入り口を入ったすぐの場所に並べられている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2017年2月23日15:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。