前回の「電動歯ブラシ、一番人気は1万円弱の『ソニッケアー』――ジョーシンに聞く」に引き続き、今回は電気シェーバーの売れ筋をジョーシン浦和美園イオンモール店に取材した。シェーバーの主力メーカーはパナソニック、ブラウン、フィリップスの3社。電動歯ブラシとよく似ているが、男性向けのカテゴリーということもあってか、売れ方には明確な違いもある。担当スタッフ・大川原秀夫氏は「シェーバーは、同じメーカーの製品をずっと使い続ける方がかなり多い印象です。電動歯ブラシはいろいろなメーカーを検討される方が多いので、店頭での動きからして違いがありますね」という。

 そのような傾向から、売れ筋モデルも定番が上位に固まりやすくなっているようだ。

●シェーバーの売れ筋ランキング
1位 ラムダッシュ ES-ST2N パナソニック 8980円
往復式3枚刃を採用した防水タイプのシェーバーで、トリマー機能も備えている。1時間の急速充電に対応し、フル充電で約14日間使える。サイズと重量はW65×D50×H150mm/約145gとなる。
2位 シリーズ3 3040s-P ブラウン 9980円
3連サスペンションヘッド搭載の往復式3枚刃シェーバー。防水対応で、トリマー機能も備える。1時間の急速充電が可能で、約15日間使える。サイズと重量はW57×D48×H156mm/約220g。
3位 ラムダッシュ ES-CLV5B パナソニック 2万1760円
前後左右上下に動くヘッドを採用した往復式5枚刃シェーバー。約1時間で充電可能で、約14日間使える。お風呂剃りには対応しない。サイズと重量はW75×D60×H170mm/約200gとなる。
4位 5000シリーズ S5213/12 フィリップス 1万800円
5方向に独立して動く回転式3枚刃モデルで、着脱式トリマーも付属している。防水に対応し、約1時間の充電により約13日間使える。サイズと重量はW61×D67×H164mm/約173gとなる。
5位 ES-RT36 パナソニック 6980円
エントリークラスの往復式3枚刃シェーバー。お風呂剃りは非対応ながら、約1時間の充電で約18日間も使える長持ちな仕様になっている。サイズと重量はW65×D50×H240mm/約175gとなる。

 1万円前後のモデルが上位に並ぶのは、電動歯ブラシの売れ筋傾向とよく似ている。メーカー別にみると、パナソニックが3モデルランクインするなど強みを見せているが、実際に同店の売れ行きでもトップを走っているそうだ。そのライバルとなっているのがブラウンで、フィリップスも固定客をがっちりつかんでいるとか。各モデルの人気の理由は次のページから見ていきたい。

※参考…同店の電動歯ブラシの売れ筋ランキング
1位 ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6713/43 フィリップス 8980円
2位 オーラルB PRO1000 D205132MX ブラウン 9980円
3位 HT-B302 オムロン 4980円
4位 ドルツ EW-DE45 パナソニック 1万9800円
5位 ポケットドルツ EW-DS41 パナソニック 3580円
イオンモール浦和美園の1階南端にあるジョーシン浦和美園イオンモール店
[画像のクリックで拡大表示]
シェーバー売り場は電動歯ブラシと対面にある。ブランドの並びも似ている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は、2017年2月7日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。