今回は、電動歯ブラシの売れ筋をジョーシン浦和美園イオンモール店に教えてもらった。電動歯ブラシは電気シェーバーと同程度の売り場を確保するほどになり、近年の盛り上がりを実感しているという。担当スタッフ・大川原秀夫氏は「何か大きなきっかけがあったわけではなく、歯科医も含めた口コミでじわじわとニーズが増してきた印象です。ここ2~3年でぐっと注目度が上がりましたね」と語る。購入層に偏りはなく、老若男女が買っていくそうだ。

 それを踏まえて同店の売れ筋モデルをみていこう。

●電動歯ブラシの売れ筋ランキング
1位 ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6713/43 フィリップス 8980円
1分間に約3万1000回振動する音波振動型歯ブラシ。通常クリーンモードとステイン除去効果のあるクリーン&ホワイトモードを搭載する。ブラシヘッドは「ダイヤモンドクリーン」。
2位 オーラルB PRO1000 D205132MX ブラウン 9980円
上下振動と左右反転運動の立体的なブラッシングができる歯ブラシ。通常のクリーンモードと歯ぐきケアモードが使える。ブラシヘッドは斜めにブラシが生えた「マルチアクションブラシ」。
3位 HT-B302 オムロン 4980円
1分間に約2万5500回振動する音波式電動歯ブラシで、縦振動と横振動を組み合わせたクリーンモードを搭載している。ブラシヘッドは、3種類の毛先を備えた「トリプルクリアブラシ」。
4位 ドルツ EW-DE45 パナソニック 1万9800円
ノーマルとソフト、ステインオフの3モードを備える音波式電動歯ブラシ。「イオン用密集極細毛ブラシ」「ステインオフブラシ」「ステインオフアタッチメント」が付属する。
5位 ポケットドルツ EW-DS41 パナソニック 3580円
1分間に1万6000回振動するポケットタイプの電動歯ブラシ。単4形乾電池1本で駆動する。ポケットドルツ用極細毛ブラシが付属し、本体サイズと重量はW16.5×D18×H160mm/約30gとなる。

 フィリップスとブラウンの1万円弱モデルがツートップとなり、オムロンの低価格モデルやパナソニックの高級モデル&モバイルモデルが続く構図になっていた。「本体の予算は5000~1万円程度をみている人が多いので、その範囲で買えるモデルが定番になりますね。ただ、最近は機能重視で高価格帯の製品を求める方も確実に増えています」という。次のページからモデルごとの人気の理由を追っていく。

浦和美園イオンモールの1階南端にあるジョーシン浦和美園イオンモール店
[画像のクリックで拡大表示]
電動歯ブラシは理美容コーナーでも目立つ位置に並べられている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は、2017年2月7日15:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。