前回の「加湿空気清浄機、電気集じん+イオンのダイキンが人気――ヨドバシカメラに聞く」に引き続き、今回はヨドバシカメラ新宿西口本店にオーブントースターの売れ筋を取材した。同店の担当スタッフ・助川 翼氏によると、オーブントースターの売れ筋は5000~6000円程度の遠赤外線ヒーター採用モデルだという。「割安なのに中までふんわり仕上がるので、安定した人気があります。それとは別に、バルミューダに代表される高級トースターの注目度も上がっています」とのことだ。それを踏まえて、売れ筋ランキングをみていこう。

●オーブントースターの売れ筋ランキング
1位 やきたて KAM-G130 タイガー魔法瓶 6430円(税込み/ポイント10%)
上部のヒーターに遠赤外線管を採用したモデルで、約80~250度の無段階温度調節機能を備える。庫内サイズはW300×D265×H90mm、本体サイズはW351×D330×H225mmとなる。
2位 こんがり倶楽部 ET-WM22 象印マホービン 5220円(税込み/ポイント10%)
上下に遠赤外線ヒーターを採用し、80~250度まで無段階調整できる。庫内サイズはW270×D220×H110mmで、本体サイズはW400×D280×H235mmとなる。
3位 ST-G111 シロカ 2万4300円(税込み/ポイント10%)
0.2秒で立ち上がる瞬間発熱タイプの遠赤外線ヒーターと対流熱により、素早く食材を焼き上げる。庫内サイズはW310×D278×H60mmで、本体サイズはW350×D362×H229mm。
4位 AET-GS13N アラジン 1万1260円(税込み/ポイント10%)
電気ストーブでも使われる遠赤グラファイトをヒーターに採用したトースター。庫内サイズはW310×D235×H87mmで、本体サイズはW350×D295×H235mmとなる。
5位 やきたて KAS-G130 タイガー魔法瓶 1万1660円(税込み/ポイント10%)
遠赤外線ヒーターからの熱を庫内で循環させる熱風コンベクションを採用したトースターで、庫内サイズはW325×D270×H100mmとなる。本体サイズはW377×D385×H245mm。

 助川氏が解説するように、1位と2位に遠赤外線管を使った従来タイプの売れ筋モデルが並び、3位以下に1万円を超える高付加価値モデルが続く構図になっていた。しかし、高級ブームのけん引役となったバルミューダの「BALMUDA The Toaster」の姿はない。「長らく供給不足になっていまして、待てずに別の製品を選ばれるという方が多いんですよね。人気は根強いので、安定供給されればいまもランクインすると思います」という。各モデルの人気の理由は次のページから追っていきたい。

※参考…同店の加湿空気清浄機の売れ筋ランキング
1位 MCK70TY ダイキン工業 5万9800円(税込み/ポイント10%)
2位 F-VXM90 パナソニック 7万6060円(税込み/ポイント10%)
3位 MCK55TY ダイキン工業 5万2800円(税込み/ポイント10%)
4位 KI-GX75 シャープ 6万8580円(税込み/ポイント10%)
5位 MCZ70T ダイキン工業 9万5530円(税込み/ポイント10%)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ヨドバシカメラ新宿西口本店 マルチメディア館北館5階のキッチン家電コーナーにあるオーブントースター売り場
※掲載している価格とポイントは、2017年1月25日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。