今回は、ヨドバシカメラ新宿西口本店に加湿空気清浄機の売れ筋を取材した。同店の担当スタッフ・助川 翼氏によると、空気清浄機には集じんに強い“キャッチャー型”とイオン放出機能が強力な“ピッチャー型”があり、花粉の季節には前者が、風邪やインフルエンザが流行る冬期は後者の売れ行きが目立つ傾向にあるという。

 取材した1月下旬時点では、「花粉の季節も控えていますし、風邪も流行っているということで、どちらもそれなりに売れています。春節のシーズンを迎えたことで、外国人観光客の方の購買も瞬間風速的に目立っています」という。それを踏まえて、最新の売れ筋ランキングをみていこう。

●加湿空気清浄機の売れ筋ランキング
1位 MCK70TY ダイキン工業 5万9800円(税込み/ポイント10%)
電気集じんやアクティブプラズマイオン放出機能を備えた同店独自モデル。適用畳数は空気清浄31畳/加湿18畳で、フィルター交換目安は10年以上。サイズはW395×D287×H600mmとなる。
2位 F-VXM90 パナソニック 7万6060円(税込み/ポイント10%)
花粉などの働きを抑制するイオンを従来比10倍で放出する「ナノイーX」搭載モデルで、適用畳数は空気清浄40畳/加湿24畳となる。フィルター交換目安は10年。サイズはW398×D309×H640mmだ。
3位 MCK55TY ダイキン工業 5万2800円(税込み/ポイント10%)
W270×D270×H700mmのスリムなタワー形状を採用したモデル。適用畳数は空気清浄25畳/加湿14畳で、フィルター交換目安は10年以上となる。同店オリジナルモデルだ。
4位 KI-GX75 シャープ 6万8580円(税込み/ポイント10%)
高濃度プラズマクラスター25000を搭載した同社の上位モデルで、適用畳数は空気清浄34畳/加湿21畳となる。フィルター交換目安は10年。サイズはW405×D316×H666mmだ。
5位 MCZ70T ダイキン工業 9万5530円(税込み/ポイント10%)
加湿と集じんに加え、除湿と脱臭機能も備える高機能モデル。適用畳数は空気清浄31畳/加湿18畳で、フィルター交換目安は10年以上となる。サイズはW421×D355×H690mm。

 キャッチャー型の典型に挙げられるダイキン工業の製品が3モデルランクインした。ピッチャー型で目立っているシャープの「KI-GX75」が4位に、両方の特徴を備えたパナソニックの「F-VXM90」が2位に入るなど、バラエティーに富んだ顔ぶれとなっていた。それぞれのモデルが売れている理由は次のページから追っていきたい。

ヨドバシカメラ新宿西口本店 マルチメディア館北館6階の季節家電コーナーにある空気清浄機売り場
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格とポイントは、2017年1月25日15:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。