前回の「スマホ用VRヘッドセット、一番人気は『ハコスコDX2』――ビックカメラに聞く」に続き、今回はビックカメラ新宿西口店にスマートウォッチの売れ筋を取材した。スマートウォッチは、活動量計から発展したタイプとスマホ連動を前提に開発されたタイプがあるが、同店の時計コーナーを担当する木村隆一氏は「それぞれで購入層はあまり交わらない印象です。近ごろ盛り上がっているのはスマホ連動タイプですね」という。同店の売れ筋ランキングをみても、目立つのはやはり後者のタイプだ。

●スマートウォッチの売れ筋ランキング
1位 Apple Watch Series 2 アップル 3万7790円~(ポイント3%)
GPSやApple Payなどを搭載した第二世代のApple Watch。272×340ドットの38mmタイプと312×390ドットの42mmタイプがある。活動量記録や通話着信機能を備える。最大18時間駆動する。
2位 Huawei Watch W1 ファーウェイ・ジャパン 3万7890円~(ポイント10%)
Android Wearを搭載し、通話や音声入力などができる。心拍センサーなどを使った活動量記録機能もあり、バッテリーは最長1.5日持つ。ディスプレーは400×400ドットの1.4型有機ELとなる。
3位 Galaxy Gear S3 サムスン電子 4万1500円(ポイント10%)
米国国防総省の軍用規格に17項目準拠したタフネス設計で、通常モードで最長4日間駆動する。GPSと活動量計センサーを備え、ディスプレーは360×360ドットの1.3型有機ELを採用。
4位 ASUS ZenWatch 3 エイスーステック・コンピューター 3万6790円(ポイント10%)
400×400ドットの1.39型有機ELディスプレーを採用したAndroid Wearで、デジタルクラウンでの操作にも対応する。加速度センサーやジャイロセンサーを搭載し、フル充電で1.5日使える。
5位 Withings Activite Steel Withings 1万6480円(ポイント10%)
一般的な機械時計の裏側に活動量計を内蔵しており、トラッキング情報をスマホに送信するタイプとなる。iOS 8以降とAndroid 4.3以降に対応し、内蔵電池により8カ月の連続使用が可能だ。

 全体的には、第2世代となった「Apple Watch」が圧倒的な人気を得ており、Android系の3大人気モデル「Huawei Watch W1」と「Galaxy Gear S3」「ASUS ZenWatch 3」が僅差で第二集団を構成するかたちになっている。5位より下は用途が限定されていたり、高級路線であったりと、ユーザーを選ぶモデルが目立つそうだ。それぞれの人気の理由は次のページから追っていこう。

※参考…同店のスマホ用VRヘッドセット ランキング
1位 ハコスコDX2 ハコスコ 5980円(ポイント10%)
2位 STEALTH VR VR200WHT A4T 9790円(ポイント10%)
3位 P-VRG030 エレコム 3970円(ポイント10%)
4位 ZEISS VR ONE Plus カールツァイス 1万4980円(ポイント10%)
5位 3D VR GOGGLE BELL 1280円(ポイント10%)
ビックカメラ新宿西口店 5階にあるスマートウォッチ売り場。Apple Watchだけは4階のApple Shop内で売られている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格とポイントは、2017年1月11日14:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。