今回は、e☆イヤホン秋葉原店にヘッドホンの売れ筋を取材した。同店の広報・松田信行氏によると、最近は売れ筋ランキング上位の顔ぶれがある程度固まってきているそうだ。「市場が大きくなって人気モデルの売れた絶対数が増えたことで、一時の勢いだけでは逆転しにくくなっているのは感じますね。加えて、年末年始はプレゼント需要も高まったので、評価の定まったモデルがより売り上げを伸ばすという動きもありましたから」

 盤石となっている売れ筋モデルのランキングは以下のとおりだ。

■ヘッドホンの売れ筋ランキング
1位 STUDIO Wireless beats by dr.dre 2万9780円(税込み)
フル充電で20時間駆動するアラウンドイヤーの密閉型のBluetoothヘッドホン。本体重量は約270gで、着脱式の1.3mオーディオケーブルが付属する。カラーはマットブラックなど8種類。
2位 Solo2 beats by dr.dre 1万5040円(税込み)
インペリアルバイオレットなど11種類のカラーをそろえる有線タイプの密閉型で、本体重量は203gとなる。ケーブル長は1.3m。兄弟モデルでワイヤレスタイプもラインアップしている。
3位 Y50 AKG 7620円(税込み)~
DJスタイルも可能な密閉型ヘッドホン。ケーブル長は1.2mで、本体重量は211gとなる。カラーはティールブルーのほか、レッドとイエロー、ブラックの日本限定色を用意する。
4位 HD598 ゼンハイザー 2万4960円(税込み)
オープンエア型のダイナミックヘッドホン。ケーブル長は3mで、プラグはφ6.3mmストレートとなる(φ3.5mmアダプターを付属)。本体重量は246g。カラーは1種類のみ。
5位 MDR-CD900ST ソニー 1万4850円(税込み)
1989年以来、スタジオ用モニターヘッドホンの定番となっている密閉型モデルで、ケーブル長は2.5mとなる。本体質量は約200g。カラーバリエーションはブラック一色。
6位 K550 MKII AKG 2万5610円(税込み)
K550の後継となる密閉型ヘッドホン。直径50mmのドライバーを採用して音質を高めている。ケーブル長は3mで、本体重量は305g。カラーはブラックのみとなる。

 以前から人気上位の常連となっている「STUDIO Wireless」や「MDR-CD900ST」などが並んでおり、そこに比較的新しいAKGの「Y50」シリーズや「K550 MKII」などが入る構図になっていた。「AKGも評価の定まったメーカーで、K550 MKIIは前モデルの人気を受け継いでいますから、全体的な印象としてはやっぱり大きく動いている感じではないんですよね」という。では、次のページからこれら定番モデルの人気の理由を見ていこう。

カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。ヘッドホンは入り口奥の窓側通路の通りに並べられている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2016年1月12日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。