「格安SIMで使うiPhoneを中古で買うならば、多少割高でもNTTドコモ版でなければならない」という状況が変わりそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

 MVNO各社の格安SIMが使える点から、中古スマホはNTTドコモ版の人気がもっとも高く、買い取り金額もNTTドコモ版がもっとも高い――という常識が変わりそうだ。iPhone 7シリーズの登場で旧モデルとなったiPhone 6s/6s Plusを買ったり売ったりするなら、これからは「SIMフリー化」で魅力が増すau版ががぜん注目の存在となる。

au版のiPhone 6s/6s Plusは中古で買ったものもSIMロック解除できる

 アップルの「iPhone 7/7 Plus」の発売からはや3カ月が経過した。カメラ機能や処理性能が向上したほか、光沢仕上げが施された新色のジェットブラックが好評なこともあり、2年落ちとなるiPhone 6/6 Plus以前の旧モデルユーザーが続々とiPhone 7へ買い替えている。Suicaなどの電子決済が可能なApple Payに晴れて対応したことを評価し、1年落ちとなるiPhone 6s/6s Plusのユーザーが早くも買い替えに踏み切るケースも多いようだ。中古ショップではiPhoneの旧モデルの買い取り依頼が増加し、中古品の数が増えて選びやすくなっている。

新色のジェットブラックが登場したことが、iPhone 7/7 Plusに乗り換えを促す要素の1つとなっている
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 7/7 Plusで待望のApple Payに対応したことも、旧モデルからの買い替えを加速している
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 7/7 Plusへの乗り換えが進んだことで1年落ちのiPhoneが安く入手できるのは、特にMVNOの格安SIMでiPhoneを使いたいと考える人には見逃せない。多くのMVNOはNTTドコモの回線を利用しているので、mineoやUQ mobileなどauの回線を利用する一部のMVNOを除き、格安SIMで使いたい場合はNTTドコモ版のiPhoneを選ぶのが基本となる。

中古品でもSIMロック解除ができるau版のiPhoneには、SIMロック解除が可能になる日を記載している店舗が多い(左)。NTTドコモ版は新品の端末を購入したユーザーしかSIMロック解除できないので、そのような表示はない(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 だが、購入したいのがiPhone 6s/6s Plusの場合、実はau版のモデルも購入の候補に挙がってくる。キーワードは「SIMロック解除」「SIMフリー化」だ。

 国内の各キャリアが2015年4月以降に発売したスマホは、販売日から180日(約半年)を経過するとSIMロック解除が可能になる。ただし、NTTドコモやソフトバンクは新品の端末を購入した本人しかSIMロックを解除できないので、中古品は基本的に対象外となってしまう。それに対し、auは端末を購入した本人以外でもSIMロックが解除できる。つまり、たとえ中古品として購入した端末でも、販売から180日を過ぎていれば一定の手数料(3240円、税込み)を支払うことで誰でもSIMフリー化できるのだ。

 au版iPhoneの中古品は、基本的にNTTドコモ版よりも価格が安い。機種によっては2~3割近くも安く入手できることもある。SIMロック解除前のau版iPhoneを買って自分でSIMフリー化すれば、手数料はかかるものの、わざわざ高価なNTTドコモ版やSIMフリー版を購入する必要がなくなるのだ。

ともに、iPhone 6s(64GBモデル)の中古品。左のau版が4万3800円なのに対し、NTTドコモ版は値引きを考慮しても4万9800円と高い。多くの格安SIMに対応したNTTドコモ版は、au版と比べておおむね1~2割ほど高い傾向がある
[画像のクリックで拡大表示]

 しかもありがたいことに、iPhone 6s/6s Plus以降のiPhoneはキャリアを問わず製品の型番はすべて同じで、端末自体の仕様も変わらない。LTEバンドは国内3キャリアすべての周波数に対応しており、SIMロック解除すれば国内版のSIMフリーiPhoneとまったく同じにできる。それに対し、XperiaやGalaxyなどのAndroidスマホはキャリアによってスペックが異なる場合がある。たとえSIMフリー化しても対応バンドが異なるため、都市部では問題なくても地方ではつながりにくくなる場合もある。その点でも、iPhone 6s/6s PlusのSIMフリー化は魅力的なのだ。

SIMロック解除したiPhoneの中古品や未使用品は、もともとのSIMフリー版と同水準の価格で販売されている。対応バンドなどの仕様が変わらないためだ
[画像のクリックで拡大表示]
SIMロック解除したiPhoneは、もともとのキャリアに関係なく販売価格は同等になる
[画像のクリックで拡大表示]