パソコン用の液晶ディスプレーが堅調に売れている。21.5~24型クラスの製品が売れ筋だが、ニッチな存在と思われていた30型オーバーの大型モデルが指名買いされることが増えているという。低価格化が進み、良質な製品が手ごろな価格で入手できるようになったこともあるが、パソコンとの接続が目的ではない新たな使われ方が需要を押し上げていた。

31.5型の大きなフルHDモデルが意外に売れている

 液晶ディスプレーの価格はすっかり手ごろになった。売り場を歩くと、フルHD表示に対応した売れ筋の21.5~24型モデルは1万円台で買えるものが多数並んでいる。ひと昔前は「低価格モデル=表示品質に妥協が必要」というイメージがあったが、現在はそういうことはほぼなくなった。以前は高価格帯の製品にしか搭載されなかったIPS方式の液晶パネルが、低価格品にも波及したことが大きな理由だ。

 液晶ディスプレーの品ぞろえに力を入れているパソコン工房 秋葉原BUYMORE店では、マウスコンピューター(iiyama)の「ProLite X3291HS」(2万9999円)が同店ではトップクラスの売れ筋となっていた。31.5型の大画面タイプで、従来のIPS方式よりも色再現性を高めたAH-IPS方式パネルを採用した高性能モデル。ほぼ真横からでも色が反転せずに表示内容がしっかり見え、色の再現性も優れる。応答速度も5ms(GtoG)と高速で、動画の再生も残像が気にならない。

マウスコンピューター(iiyama)の31.5型モデル「ProLite X3291HS」。高性能パネルを搭載しているにもかかわらず、価格は2万9999円と3万円を切っている
[画像のクリックで拡大表示]

 同等サイズでは、LGエレクトロニクス・ジャパンの「32MP58HQ-W」(2万7980円)や、フィリップスの「323E7QDAB/11」(2万3750円)など、2万円台で買える31.5型モデルがいくつか並んでいた。

LGエレクトロニクス・ジャパンの31.5型モデル「32MP58HQ-W」は2万7980円と、ProLite X3291HSよりも2000円ほど安い
[画像のクリックで拡大表示]
フィリップスの31.5型モデル「323E7QDAB/11」は2万3750円と、なんと2万円台前半で買える
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの製品の特徴は、31.5型の大画面ながら解像度がフルHD(1920×1080ドット)であること。このクラスの大型モデルは、WQHD(2560×1440ドット)や4K(3840×2160ドット)などの高精細表示に対応した製品が中心なので、解像度的に物足りないようにも感じる。

 だが、高精細モデルは価格が一気に高くなる。同じiiyama製品でも、WQHD表示に対応した「ProLite B2783QSU-B1」はひとまわり小さい27型ながら4万円を超える。LGエレクトロニクス・ジャパンの4K対応の27型モデル「27UD58-B」は4万円台半ばで推移する。「これだけ大型なのに2万円台で買えるなら、フルHDでも構わない」と評価されているのだ。

フルHDの4倍もの情報が表示できる4K対応モデルは価格が高い。27型でも4万円台半ば、24型クラスでも3万円台前半で推移する
[画像のクリックで拡大表示]

 価格は関係なく、あえて大型のフルHDモデルを選ぶ動きもあるそう。同店の猪狩秀司氏は「パソコンを接続して使いたいと考えるシニア層が購入するケースが増えた。老眼で視力が弱っている人にとって、31.5型のフルHD表示は文字が大きく表示できるので都合がよい。ウインドウをいくつも開いて作業するわけではないから、情報量の少ないフルHDでも問題ない」と語る。