4月からの新生活に向けて、必要な生活用品を準備している人は多いだろう。さまざまな家具や家電を用意しなければならないため、1つひとつの予算はできるだけ抑えたい…と考えるのは当然だ。そこで注目したいのが、中古ショップで売られている「未使用品」。新品と同等のコンディションのスマホやパソコンが新品の最安値よりも安く入手でき、出費を効果的に抑えられる。アキバのショップでは、2万5000円でお釣りが来る15.6型液晶搭載のノートパソコンも発見できた。

海外メーカー製のSIMフリースマホは未使用品が多い

 秋葉原や新宿、大阪の日本橋、博多などの主要都市を中心に、パソコンやスマホなどの中古品の販売や買い取りを手がける中古ショップが増えている。主力は中古品の販売や買い取りだが、「未使用品」と記載された商品が売られていることも少なくない。

中古ショップに並ぶSIMフリースマホの未使用品。1万円台からの手ごろな予算で、さまざまな機種が売られている
[画像のクリックで拡大表示]

 未使用品とは、まったく使われていない新品の商品が中古ショップに持ち込まれて買い取られ、その状態のまま店舗で販売される商品のこと(販売にあたって箱を開封して検品や動作チェックを実施するショップもある)。中古品と違って使われた経歴はなく、中身のコンディションは基本的に新品と同等だ。それでいて、新品と比べて価格が安いのが未使用品の大きな魅力だ。

 未使用品が多く出回る商品の代表格がスマホだ。中古ショップのじゃんぱら 秋葉原本店では、店内に未使用スマホの専門コーナーを設けており、各社の未使用品を手ごろな価格で販売している。格安SIMブームを受け、1万円台~2万円台の価格で購入できる海外メーカー製SIMフリースマホの未使用品が多く並んでいた。

 SIMフリースマホの未使用品は、新品と比べておおむね1割ほど安い価格がつけられ、不人気機種だったり世代が古くなるほど新品との価格差が開く傾向がある。同店の担当者が新生活者向けのイチオシと薦めるのが、ファーウェイ・ジャパンの「P8 Lite」。価格は1万4800円と、税込みで1万5000円を切る安さだ。数々の賞を受賞したSIMフリースマホの人気モデルだが、後継モデル「P9 Lite」の登場で型落ちになったことを受けて価格が下がり、中古品並みの価格で未使用品が手に入るようになった。エイスーステック・コンピューターの「ZenFone 2」シリーズも、未使用品が1万円台で売られることが増えてきた。

未使用品が1万4800円と安いファーウェイ・ジャパンの「P8 Lite」。性能はそこそこだが、中古品ではなく新品と同等の未使用品がこの価格で入手できるのは魅力的
[画像のクリックで拡大表示]
SIMフリースマホの先駆者的存在といえるエイスーステック・コンピューターの「ZenFone」シリーズも、ZenFone 2シリーズは1万円台で未使用品が手に入る
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれも、決してハイスペックではないが、LINEやメール、SNSの活用など、一般的な用途では不満を感じることはない。別途、格安SIMを用意すれば使えるようになるので、スマホの予算を抑えたい新生活者には最適といえる。

 性能重視の人も満足できるハイスペックモデルも、未使用品ならば安く手に入る。プラスワン・マーケティングの「freetel KIWAMI2 FTJ162B-kiwami2」は3万9800円で、新品の最安値(4万1000円前後)よりも1000円ちょっと安い。10コアCPUや2560×1440ドット表示の5.7型有機ELパネルなど、主要メーカーのハイエンドモデル並みのスペックを持つ。このような高性能SIMフリースマホが3万円台で入手できるのは、未使用品ならではといえる。

高精細の有機ELパネルを搭載したハイエンドSIMフリースマホも、未使用品は割と安く手に入る
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろん、すべての未使用品が買い得なわけではない。アップルの「iPhone 7/7 Plus」のような人気モデルは、中古品でさえそれほど安くはならないため、未使用品は新品と比べての価格差がほとんどないこともある。iPhone 7の国内版SIMフリーモデル「MN6L2J/A(256GB)」は、新品が10万7800円なのに対し、未使用品は10万7223円とわずか500円ほどしか安くなっていない。店舗に足を運ぶ手間や電車代を考慮すると、新品を購入したほうがよいケースもある。

人気のiPhone 7/7 PlusのSIMフリー版は、新品と数百円しか変わらないこともある
[画像のクリックで拡大表示]