【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

 PCコンフル秋葉原店では、ソニー時代に発売した「VAIO SVZ1311AJC」の中古品が安かった。通常価格は3万4800円だが、「週末が狙い目」の読者に限り2000円引きの3万2800円で販売する。Ivy-Bridge世代のCore i5-3210M搭載なのでスペックは平凡だが、重さはわずか1.17kgと軽く、薄型軽量のモバイルPCとして魅力はまだ色あせない。販売台数は2台のみだ。Sandy-Bridge世代のCore i7-2640MやフルHD液晶を搭載した「VAIO VPCZ23AJ」も4万2800円(中古品)とお買い得だ。

PCコンフル秋葉原店では、ソニーの高性能モバイルノートPC「VAIO Zシリーズ」の中古品を特価で販売する。デルの狭額縁ディスプレーの特価品も注目できる

 じゃんぱら 新宿店では、より新しい世代のVAIO Zが買い得だった。週末向けのセール品として用意していたのが、「VAIO Z クラムシェルモデル VJZ1311」(8万4800円、中古品)。Skylake世代のCore i5-6267Uを搭載したモデルで、NVMe接続の高速な128GB SSDやフルHDの13.3型ワイド液晶など、スペックは充実。ほかには、Core i5-6200U搭載の「VAIO S11 VJS1111」が7万9800円(中古品)など、比較的新しいVAIOシリーズが安かった。

じゃんぱら 新宿店では、新しい世代のVAIOのモバイルノートPC各種を最大2万円引きで販売する

 じゃんぱら 新宿2号店では、Core i7と2560×1440ドットの13.3型液晶を搭載したマウスコンピューターのゲーミングノートPC「BC-GTUNE47G96NSP」の中古品が6万6800円だった。ゲーミングPCにしては珍しくスリムなボディーを採用しているので、デジカメ現像や動画編集などゲーム以外の用途にも向く。

じゃんぱら 新宿2号店では、Core i7と高精細液晶を搭載したマウスコンピューターのゲーミングノートPCの中古品を通常価格の3000円引きで販売。ゲーミングPCながら可搬性の高いモデルだ

 ソフマップ 中古デジタル館では、ソニーのヘッドマウントディスプレー「HMZ-T2」が1万7800円(中古品、税別)で売られていた。話題のVRには対応しないが、1280×720ドットの画面で大迫力の映像体験が楽しめる。フルデジタルアンプやノイズキャンセリング機能などを搭載したソニーの携帯音楽プレーヤー「NW-F805 B」も4980円(中古品、税別)とお手ごろだ。

(文/白石ひろあき)

※パソコン本体のスペックは、基本的に「CPU」「メインメモリー」「HDD容量」「搭載ドライブ」「その他特徴(液晶、付属アプリなど)」の順に表記してあります。しかし、一部スペックが抜けているケースもあります(中古など)。

※情報は、すべて6月30日調べ。価格は変動する可能性があり、在庫切れになるケースもあります。