【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

 今週末はさまざまなジャンルの中古品がお買い得だ。イオシス アキバ中央通店では、格安SIMでの運用に向くNTTドコモ向けの中古Androidスマホの特価品が並んでいた。特に目を引いたのが、富士通モバイルコミュニケーションズの「ARROWS NX F-05F」(9980円、中古品)。クアッドコアCPUや5型のフルHD液晶、ATOKの採用など、使いやすさにこだわったモデルだ。本体のキズやカバーの破損があるため、1万円を切る価格で売り出すそう。外観はやや難ありだが、実用上はまったく問題ない。

 シャープの「AQUOS ZETA SH-01G」(1万2800円、中古品)も格安SIM向きの中古スマホだ。「EDGEST」デザインを採用した5.5型液晶の狭額縁モデルで、最大3日間の長時間バッテリー駆動やリコーと共同開発したGR certifiedのカメラ機能など、個性的なスペックが光る。

イオシス アキバ中央通店では、NTTドコモ向けAndroidスマホの中古品が安かった。富士通モバイルコミュニケーションズの「ARROWS NX F-05F」は9980円、シャープの「AQUOS ZETA SH-01G」は1万2800円と手ごろ。格安SIMでの運用にお薦め

 同店では、フィーチャーフォンも多数入荷していた。パナソニックモバイルコミュニケーションズの「P-02B」(9980円、中古品)など、往年のガラケーが一律9980円で手に入る。いずれも中古扱いだが、本体は未使用だという。

 格安SIM関連では、あきばお~ 零に入荷していたIIJの「IIJmio ウェルカムパック」が安い。通常は3000円前後するが、税別555円と買い得だ。大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと考えている人は注目だ。

あきばお~ 零では、IIJの「IIJmio ウェルカムパック」が税別555円と安い。格安SIMへの移行を検討しているならば注目できる

 中古品では、1点モノの土日セール特価が目を引いた。じゃんぱら 新橋店では、アップルの「MacBook Pro Retinaディスプレー Mid2015 MJLQ2J/A」を1台のみ9万8800円(中古品)で販売する。15.4型液晶のCore i7搭載モデルが10万円を切るのは珍しい。じゃんぱら 秋葉原4号店でも、ショップブランドのCore i7搭載ゲーミングPCを土日特価で5万9800円(中古品)で用意していた。

じゃんぱら 秋葉原4号店で販売していたドスパラブランドのゲーミングPC。Core i7とSSDを搭載した高速モデルながら、中古品が5万9800円と安い

 じゃんぱら 川崎店では、VRヘッドマウントディスプレーを中心に土日向けの特価商品を用意していた。コアなゲーミングに人気の高いHTCの「Vive」が8万4800円(中古品)と安いほか、オキュラスの「Oculus Rift DK1」も9800円(中古品)と格安だ。同店では、フロントガラスに破損があるアップルの「iPhone 6 128GBモデル MG4C2J/A」が1万8800円(中古品)と手ごろだった。破損は本体の端なので、実用上の問題はないとみられる。

 じゃんぱら 新宿2号店では、デジカメの中古品を大幅に値引きしていた。特に目を引いたのが、ソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7R ILCE-7R」。価格は9万9800円と、10万円を切る予算で入手できる。ほかには、シグマの「dp2 Quattro」がジャスト5万円など、高性能モデルを中心にお買い得になっていた。

(文/白石ひろあき)

※パソコン本体のスペックは、基本的に「CPU」「メインメモリー」「HDD容量」「搭載ドライブ」「その他特徴(液晶、付属アプリなど)」の順に表記してあります。しかし、一部スペックが抜けているケースもあります(中古など)。

※情報は、すべて6月2日調べ。価格は変動する可能性があり、在庫切れになるケースもあります。