【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

 めっきり春らしくなったこの週末は、中古関連のセール品が見逃せない。

 PCコンフル 秋葉原店では、春の中古パソコンまつりの目玉として、レノボ・ジャパンの人気モバイルPC「ThinkPad X230」の中古品を用意していた。Core i5-3320Mや12.5型液晶を搭載した小型モデルで、キーボードの打ちやすさから根強い人気を誇ることで知られる。

 今回のセール品は、メモリーを8GBに、ストレージを240GBのSSDに換装したハイパフォーマンス仕様なのがポイント。驚くのが価格で、限定5台を1万9800円で販売する。キーボードやパームレストにテカリが見られるが、240GBのSSDを搭載していることを考えれば破格といえる内容だ。

PCコンフル 秋葉原店では、240GBのSSDを搭載したThinkPad X230の中古品を1万9800円で販売する。キーボードやパームレストにテカリがあるが、とにかく安い。5台限定なのでお早めに!

 イオシス アキバ中央通店では、NTTドコモ向けAndroidスマホが安かった。NECの「MEDIAS LTE N-04D」は2980円、今や懐かしい東芝の「REGZA Phone T-02D」は7980円とまずまずの価格だが、すべて外装交換済みの未使用品なのがポイント。付属品は一切付かないが、スマホ本体はまったく使われていない状態だという。LTE通信にも対応しており、格安SIM用のスマホをとにかく安く買いたい人にはちょうどよい。

イオシス アキバ中央通店では、ちょっと懐かしいNTTドコモ向けAndroidスマホの未使用品を大量に販売。東芝の「REGZA Phone T-02D」など、もはや未使用品が手に入るのが奇跡とも思える機種もある

 PCNET アキバジャンク通店では、中古品のジャンク市「ブラックマーケット」を4月15日(土)~16日(日)の2日間に開催する。ジャンルは多岐にわたっており、ざっと見た限りでも液晶プロジェクターやヘッドホン、液晶テレビ、ネットワーク機器などがあった。いずれも保証なしだが、店内には動作チェック用のスペースを設けて購入前に試せるという。PCNETの系列店であるRモバイル秋葉原店でも、ブラックマーケットの協賛セールとして中古スマホのジャンク市「裏モバイル」を開催する。中古スマホや中古フィーチャーフォンを中心に、処分価格で販売するという。

(文/白石ひろあき)

※パソコン本体のスペックは、基本的に「CPU」「メインメモリー」「HDD容量」「搭載ドライブ」「その他特徴(液晶、付属アプリなど)」の順に表記してあります。しかし、一部スペックが抜けているケースもあります(中古など)。

※情報は、すべて4月14日調べ。価格は変動する可能性があり、在庫切れになるケースもあります。