この記事は「日経トレンディ」2016年12月号(2016年11月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 高級扇風機「グリーンファン」シリーズなどのデザイン家電を手がけるバルミューダが、新たに電気ケトル「バルミューダ ザ・ポット」を発売した。同社は昨年、スチームでパンを焼く高級トースター「バルミューダ ザ・トースター」をヒットさせ、今後はキッチン家電に力を注ぐ方針を示しているが、その第2弾となる。

バルミューダ「BALMUDA The Pot」
実勢価格/1万1000円
サイズ・重さ(本体のみ)/幅269×高さ170×奥行き128mm・約600g
容量/600ml
定格消費電力/1200W

[画像のクリックで拡大表示]

 容量は約600mlと小ぶりなサイズで、コーヒーなら約3杯、カップ麺なら約2杯分。カラーはブラックとホワイトの2種類で、同社のトースターと並べてもマッチするデザインになっている。

 価格は税別1万1000円で、同社の家電のなかでは安いものの、電気ケトルとしてはかなり強気な値付け。とはいえ、湯沸かし機能自体は非常にシンプルで、保温などの付加機能もなく、一見すると先行したトースターのような新しさには乏しい。同製品が差別化ポイントとしてうたうのは「注ぎやすさ」だ。

 特徴は、長めでカーブした形状の注ぎ口。一般的な短い注ぎ口と違って、少量ずつ一定のペースで湯を注ぎやすい。

一定のペースで注ぎやすく、本体の傾け方次第で注ぐペースの調整もしやすかった
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]