加入も保険請求もアプリから

 加入時はスマホアプリから製品名や型番を指定し、製品がまだ壊れていないことを証明する動画を指示に従って撮影するだけ。保険請求もアプリだけで行える。保険金が支払われるのではなく、同社が壊れた製品を回収し、無償修理または同等スペックの製品との交換を行う。保険期間を24時間で加入した場合、保険請求まで24時間以内に終わらせないと補償されない点は注意が必要だ。

加入時は、用意された製品ジャンルから選んで型番を指定し、現況を示す動画や写真をアップ。待機期間はなく、加入完了後すぐに補償が有効になる
[画像のクリックで拡大表示]

 なお現時点では、スマートフォン端末は保険の対象外。「スマホでスマホを撮影してもらうことはできないため方法を検討中」(運営会社のWarrantee)。また今後はドローンやロードバイクなどさらに対象品目を拡大していく予定だ。保険料の安さと使い勝手の両面で、注目の新フィンテックサービスだといえる。

■保険金ではなく修理で対応
保険を請求すると、運営会社が該当製品を回収し、無償修理または同等品との交換となる。自己負担分がゼロである点にも注目
[画像のクリックで拡大表示]
加入者は東京海上日動火災と契約。裏側では三井住友海上火災なども引き受け会社に
[画像のクリックで拡大表示]

(文/日経トレンディ編集部)