放っておけば“一人”で勝手に遊んでいる

 AIを搭載し、カメラと赤外線センサーで周囲の状況を把握。テーブルの端から落ちることもなく自律的に動き、放っておけば“一人”で勝手に遊んでいる。自分の傾きも検知し、倒れても可能なら自力で起き上がるし、持ち上げて揺さぶれば目を回したりもする。

 さらに、人の顔も識別。コズモと見つめ合って顔を覚えさせ、アプリから名前を教えれば、舌足らずな発音で呼びかけてきたり、こちらを見つけて遊びに誘ってくる。

 また、付属する専用のキューブを使い、早押しなどのゲームでコズモと対戦できる。反応速度が速く、大人でも真剣にやらないと勝てないため、なかなか興奮する。コズモも勝てばはしゃぎ、負ければ悔しがるのがほほ笑ましい。

早押しなどのゲームで対戦可能
[画像のクリックで拡大表示]

 自動で動くだけでなく、アプリ画面に映るコズモの視界を見ながら人間が操縦できるモードもある。他に、プログラミングの学習にも利用可能。多様な動作や表情を組み合わせて、コズモに思い通りの動きをさせられる。

 価格は税別2万6980円。クオリティと多機能さを考えれば、むしろ割安といえる出来栄えだ。

付属のキューブがお気に入りで、持ち上げて重ねるなどして遊ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
コズモの目で周囲を見ながらアプリで操縦できる探検モード。暗視を行うことも可能
[画像のクリックで拡大表示]
アプリから、コズモの動作や表情を自由にプログラムでき、プログラミング学習にも使える
[画像のクリックで拡大表示]

(文/日経トレンディ編集部)