この記事は「日経トレンディ」2017年9月号(2017年8月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 映像に包み込まれ、物語の中に入ったかのよう――。そんな新感覚の劇場「スクリーンX」が、東京・お台場のユナイテッド・シネマにオープンした。

ユナイテッド・シネマ「スクリーンX」
導入施設名/ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場(東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場内)
料金/通常鑑賞料金に700円(税込み)追加
上映作品/『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(8月まで)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9月1日から)

[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、正面スクリーンだけでなく、左右にも映像が映し出される点。両サイドの映像は天井に設置された左右それぞれ4つのプロジェクターから投映される。両サイドにスクリーンがあるわけではなく、壁に直接投映される仕組み。ただ、壁の素材は通常のものと変えられているので、映像に違和感はなかった。

 このシステムを開発したのは韓国のCJ CGV。すでに韓国や中国、北米などに100を超える劇場がある。韓国や中国ではスクリーンX対応の映画タイトルが増えており、今回、ハリウッドでは初となるスクリーンX対応タイトル『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が完成。これに合わせて、日本にも初上陸した。

[画像のクリックで拡大表示]