この記事は「日経トレンディ」2016年8月号(2016年7月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 車窓の景色を楽しみながら、特別な料理が食べられるレストラン列車。利用者の減少に苦しむローカル線に人を呼び込もうと、瞬く間に全国各地に広がっている。さらにその流れは大都市圏にも波及。4月に池袋駅、西武新宿駅から秩父方面に走り始めた「西武 旅するレストラン52席の至福」(西武鉄道)に続き、JR東日本がこの夏、首都圏での運行に踏み切る。神奈川県の小田原駅と静岡県の伊豆急下田駅とを結ぶ「伊豆クレイル」だ。

 まず、小田原駅発11時40分の往路区間では、車内でランチメニューを提供。伊豆産の食材を使ったボックスランチに、伊豆クラフトビール、コーヒーなどが付く。途中、海沿いの景色が良い区間で徐行するなどしながら、伊豆急下田駅まで約2時間30分かけてゆっくりと走る。

 折り返しは伊豆急下田駅発15時9分。こちらの復路区間はティータイムメニューとなり、軽食とスイーツがメイン。ウェルカムドリンクとしてスパークリングワインが提供される。小田原駅の到着は17時12分で、日帰り利用も可能だ。

JR東日本「伊豆クレイル」
運行区間/小田原駅-伊豆急下田駅
乗車時間/2時間26分(小田原駅発)、2時間3分(伊豆急下田駅発)
運行日/土・日曜、祝日
料金/(大人1人。税込み)/9000~1万400円(現地発着片道プラン)、1万5600~1万6600円(東京駅発着往復プラン)、3万700~6万3800円(東京駅発着宿泊付きプラン)

[画像のクリックで拡大表示]
1号車
目の前に相模灘が広がる海側のカウンター席。座面の幅はJR東日本の最上級クラス「グランクラス」よりも2cm広いという
[画像のクリックで拡大表示]
3号車
3~4人用のコンパートメント席も全室海側に面している
[画像のクリックで拡大表示]
小田原駅発のランチメニューは神奈川県平塚市のフランス料理店「アッシュ×エム」が調理。ビール付き
[画像のクリックで拡大表示]
伊豆急下田駅発のティータイムメニューは静岡県河津町の「伊豆今井浜東急ホテル」が調理。ワイン付き
[画像のクリックで拡大表示]
料理は、有名フレンチシェフ・秋元さくら氏(左)が監修。事前に調理したものが積み込まれるため、出来たてが食べられるわけではない
[画像のクリックで拡大表示]