この記事は「日経トレンディ」2016年7月号(2016年6月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 13年に、当時世界最小となるラジコンヘリ「ナノファルコン」を発売した玩具メーカーのシー・シー・ピー。翌14年にさらに小型の「ピコファルコン」を商品化し、昨年は小型ながらも空撮機能を搭載した「ナノファルコンデジカム」を世に送り出した。

 今年は、活躍の場を空から水中に転じる。4月末に発売された「サブマリナーカメラ」は、ラジコンの潜水艦。幅78mm、奥行き112mmと手のひらに載る小ささでありながら、カメラを搭載し、水中撮影が可能なのが最大の特徴だ。深さ50cmまでの潜水が可能という。

 撮影できるのは、静止画と動画。本体に256MBのメモリーが内蔵されており、120万画素の写真なら約800枚、30万画素の動画なら約5分間の撮影が可能だ。データは、水中から引き上げた後、本体を付属のUSBケーブルでパソコンに接続して再生する。

シー・シー・ピー「サブマリナーカメラ」
実勢価格/9980円(税別)
サイズ・重さ/幅78×高さ65×奥行き112mm・90g(本体)
電池/単3形×2本(本体)
連続使用可能時間/40分
操作可能距離/約2m
潜水深度/約50㎝
撮影可能枚数/静止画800枚(120万画素)、動画約5分間(30万画素)

[画像のクリックで拡大表示]