この記事は「日経トレンディ」2017年5月号(2017年4月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 1919年に誕生した国民的な乳酸菌飲料「カルピス」が、新たな健康機能を取り入れて進化した。機能性表示食品として消費者庁に届け出が受理され、4月4日発売の「カラダカルピス」(アサヒ飲料)は、カルピス飲料に独自の乳酸菌「ラクトバチルス アミロボラスCP1563株」を200mg配合した乳性飲料で、カロリーゼロ。「カルピスウォーター」と同様の爽やかで懐かしい甘さを持つ「初恋の味」でありながら、パッケージで大きく「体脂肪を減らす」とうたう“最強コンボ”が売りだ。

アサヒ飲料「カラダカルピス」
実勢価格/160円(税別)
容量/500ml
関与成分・配合量/ラクトバチルス アミロボラスCP1563株・200mg(1本当たり)
摂取目安量/1日1本

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]