この記事は「日経トレンディ」2017年3月号(2017年2月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 普段は倉庫に預けている荷物を、出張先のホテルに直送。自分は“手ぶら”で現地に向かえばいい――。そんなサービスが始まった。寺田倉庫の「minikura teburaTRAVEL」は、事前にトランクルームに預けた荷物を、スーツケースに入れて指定のホテルなどに送る仕組み。帰る際は現地からスーツケースごとトランクルームに返送すれば、また元通り収納され、衣類はクリーニングもしてくれる。

 前提となるのは、同社の宅配型トランクルーム「minikura MONO」の利用者であること。これは段ボール1箱分の荷物を月額250円(税込み。以下同)で預けられるサービス。中身は1点ずつ写真撮影され、何が預けてあるかがウェブサイト上でわかる。

寺田倉庫「minikura teburaTRAVEL」
基本料金/1週間5000円(税込み、以下同。クリーニング3点まで)。延長1日300円。クリーニング追加1点500円(素材などで例外あり)
スーツケース/容量57L、外寸60×41×26cm、重さ4.0kg
minikura MONOの預かり料金/1箱1カ月250円

[画像のクリックで拡大表示]
1.まずminikura MONOに預ける
1辺38cmなど専用の段ボール箱に、最大30点、最大20kgの荷物を入れて宅配で預ける。中身は1点ずつ撮影したうえで保管。箱の購入に1箱250円(税込み、以下同)、保管に月額250円がかかる
[画像のクリックで拡大表示]
2.指定のホテルなどに送る
預けた荷物はウェブサイトに写真付きで表示される。送る品を選択して送付先を設定し、申し込みをする
[画像のクリックで拡大表示]
スーツケースに詰める際に、ごく最低限の梱包は行われている
[画像のクリックで拡大表示]
スーツケースは現状、色もサイズも1種類のみ
[画像のクリックで拡大表示]