この記事は「日経トレンディ」2017年3月号(2017年2月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 軽量でありながら耐久性に優れることが売りのモバイルノートパソコン「レッツノート」(パナソニック)。2月に発売される「XZ6シリーズ」は、ディスプレイ部分が分離してタブレットになる初のモデルだ。

パナソニック「レッツノートXZ6シリーズ」
予想実売価格/25万円(税別)
サイズ・重さ/幅288.5×高さ22×奥行き223.7mm・約1.019kg(本体)、幅286.5×高さ9.5×奥行き206.2mm・約0.55kg(タブレット部)
CPU/インテルCore i5-7200U
メモリー/8GB
ストレージ/SSD128GB
ディスプレイ/12型TFT液晶(2160×1440ドット)
駆動時間/約9時間(本体)、約4.5時間(タブレット部)
※スペックは個人向け店頭モデルCF-XZ6HDAPRのもの

[画像のクリックで拡大表示]
ヒンジのレバーをスライドさせると、ディスプレイ部分が外れてタブレットになる
[画像のクリックで拡大表示]