この記事は「日経トレンディ」2017年3月号(2017年2月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 スチーム技術でパンを劇的においしく焼くトースターを開発したバルミューダが、次に手がけた調理家電が炊飯器の「バルミューダ・ザ・ゴハン」だ。「開発に1年半を要した。これまでの製品のなかで最長」と、同社社長の寺尾玄氏は言う。

バルミューダ「BALMUDA The Gohan」
実勢価格/4万1500円(税別)
サイズ・重さ/幅27.5×高さ19.4×奥行き25.1cm・約4kg
炊飯容量/白米0.5~3合
炊飯時間/白米53~68分
カラー/ブラック、ホワイト
付属品/水計量カップ、米計量カップ
電源/AC100V ・50/60Hz
消費電力/670W

[画像のクリックで拡大表示]
2つの釡と、外釡に入れる水用と米用の計量カップが付属する
[画像のクリックで拡大表示]
社長の寺尾玄氏。「目指すのはおかずと相性が良く、食事としての感動体験ができる米」と語る
[画像のクリックで拡大表示]