会社に勤めている以上、多かれ少なかれ背負うリスク、「失業」。想像したくありませんが、「もしも」のときあなたを救ってくれるのは「確かな知識」です。

 みなさんこんにちは、経済エッセイストの井戸美枝です。お金にまつわる“知っておきたい、ちょっといい話”、第6回は「失業にまつわるライフプランとお金」についてお話しましょう。

 あまり想像したくはありませんが、会社が倒産したり、人員削減ためののリストラにあったり…会社に勤めている以上、多かれ少なかれ失業するリスクはあります。

[画像のクリックで拡大表示]

 総務省によると、2015年の完全失業者数は222万人、完全失業率は3.4%でした。また、東京商工リサーチの調査では、2015年の全国企業倒産(負債総額1000万円以上)は8812件となっています。

 日本では「失業したらすぐに路頭に迷う」なんてことはありません。失業保険など色々なセーフティーネットが用意されています。こんな仕組みがあって、こう手続きすれば良いんだな…など、あらかじめ知っておけば、職を失ったとき焦らずにすむかもしれません。

 そこで今回は、万が一失業してしまったときのマネープランについて考えてみましょう。

 それでは、失業にまつわるお金のキホンチェック! クイズに答えてみてくださいね。

問題1
失業保険がもらえる人は、次のうちどれでしょうか?

 1.1年以上会社に勤めた人
 2.会社を辞めて留学する人
 3.次の就職先が決まっている人


問題2
勤めている会社の将来性が不安です。そこで、会社に勤めながら介護士の資格を取得しようと思いました。利用できる制度はどれでしょうか?

 1.技能取得手当
 2.公共職業訓練
 3.教育訓練給付金


問題3
失業して収入がなくても、払わなければいけない税金はどれでしょうか?

 1.住民税
 2.所得税
 3.法人税