「South by Southwest(サウス・バイ・サウスウエスト、SXSW)」は、毎年3月中旬に米国・テキサス州オースティンで開催される、音楽と映画、最新技術の複合イベント。展示会をはじめセミナー、ライブ、上映会、コンテストなど数千もの催しが行われ、80カ国以上から8万人以上もの来場者を集める。今回はそのなかでも、世界の最新技術とベンチャー企業が集まる「インタラクティブ」部門を取材。世界に打って出る日本企業の動きと、驚くようなアイデアを提示する海外の注目ベンチャーの動きを、現地からリポートする。

WeWork、オースティン・コングレス通り店のエントランス
[画像のクリックで拡大表示]

「インタビューの件、場所はWeWorkの会議室でどうだい?」――。SXSWで海外のベンチャー企業の個別取材を取り付けると、しばしばこう提案される。

 WeWorkは、ニューヨーク発のコワーキングスペースの名前だ。2010年に創業するや、瞬く間に米国の14都市にまで店舗網を拡大。今やイスラエル、イギリス、カナダ、オランダ、ドイツにも店舗を抱える、世界を代表するコワーキングスペースチェーンに成長している。

共用のラウンジスペース
[画像のクリックで拡大表示]

 契約形態にもよるが、会員は自分が普段利用している店舗に加えて、出張時などに世界のWeWorkを利用できる。今回のSXSWでも開催地・テキサス州オースティンの店舗を、多くのベンチャー企業がプレゼンやインタビュー用のスペースとして活用している。

 定期的なイベントで会員企業同士のつながりを深める取り組みを行っている他、会員のみが使えるSNSを提供しているのも特徴だ。他の業種のベンチャー企業とつながるだけでなく、WeWorkを利用しているグラフィックデザイナーやエンジニアを雇用するためのツールとしても使われている。さらに、労務管理サービスの優待、保険やジムの優待など、会員向けの優遇サービスも充実。こうした、今や他のコワーキングスペースも導入しているサービス内容の多くは、WeWorkが先駆けとなって導入してきたものだ。

共用のミーティングスペース。写真内、左奥が共用デスクのスペース
[画像のクリックで拡大表示]
キッチン。コーヒーは自由に飲める
[画像のクリックで拡大表示]

 SXSWの“前線基地”として活躍する、オースティンのWeWork。今回はその内部の様子をお届けする。