イヤホンをしていても、外の音が自然に聞こえる

 2つのプロトタイプに共通するのは、耳をふさぐ、手に持つといった制約を取り去った、より自由なコミュニケーションスタイルの提案だ。オープンイヤー型のイヤホンは、従来のイヤホンのように耳の穴をふさがないので、音楽を聞いている最中も外部の音が自然に聞こえる。他人が見ても耳がふさがっていないことがわかるので、話しかけやすいというメリットもある。

耳の穴の部分がぽっかり空いている、不思議なデザインのイヤホン。音楽を聞いていても、外の音がしっかり聞こえる
[画像のクリックで拡大表示]

 核となるのが、パイプ状の部品を通じて音を伝える音導管技術。このプロトタイプに合わせて作り込まれた専用の音導管が使われている。さらに、音響特性(音の分布)を調整して自然な音像を作り出すClear Phase、音圧を高めるxLOUDなどの音響処理を組み合わせており、音質は一般的なイヤホンと比べても遜色ない印象だ。構造上、音漏れが気になるところだが、今回試した範囲では、iPhone付属のイヤホンなど一般的なイヤホン(オープン型)と同程度に抑えられていると感じられた。