「South by Southwest(サウス・バイ・サウスウエスト、SXSW)」は、毎年3月中旬に米国・テキサス州オースティンで開催される、音楽と映画、最新技術の複合イベント。展示会をはじめセミナー、ライブ、上映会、コンテストなど数千もの催しが行われ、80カ国以上から8万人以上もの来場者を集める。今回はそのなかでも、世界の最新技術とベンチャー企業が集まる「インタラクティブ」部門を取材。世界に打って出る日本企業の動きと、驚くようなアイデアを提示する海外の注目ベンチャーの動きを、現地からリポートする。

ソニーの研究開発部門が発表したプロトタイプの2製品
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2016年3月11日(現地時間)、開催中の「South by Southwest(SXSW)2016」に合わせ、同社のR&D(研究開発)部門が開発したオーディオ機器のプロトタイプ2製品を発表した。「耳の穴をふさがないイヤホン」「カメラ、スピーカー、マイク内蔵のネックバンド」と、いずれも斬新なコンセプト。特に、耳の穴をふさがないイヤホンは、リング状のパーツを耳にはめ込むと一般的なイヤホンと変わらない音質で音楽が楽しめる、新感覚の製品だ。今後発売されるソニーの製品で同様の技術が使われる可能性が高く、ポータブルオーディオ市場に一石を投じそうだ。

 今回発表されたのは、“N”というシリーズ名称の2つのプロトタイプ。それぞれ「音導管」「VPT(Virtualphones Technology)」という2つの要素技術を核とし、そこに音圧を高める「xLOUD」などソニーの既存の技術を組み合わせたものだ。このまま製品化する計画はなく、SXSWなどを通じて得られた反響をもとに改良を加え、今後の製品に生かすことを目的としている。

 開発段階のものを公の場で展示することは、いわば「ネタバレ」であり、メーカーとしては慎重な判断を要する取り組みだ。今回のプロジェクトを統括する、ソニー・システム研究開発本部ソリューション開発部統括部長の岡本直也氏は、「開発段階で一度世に問うことで、より良い製品開発につなげること」を狙いとして挙げる。また、発表の場としてSXSWを選んだことについて岡本氏は、「一般市民を含む、多様な参加者が集まるこのイベントならではのフィードバックを得るのが狙い」(岡本氏)と語った。

今回の企画を統括する、ソニー・岡本氏
[画像のクリックで拡大表示]