本格的な花粉症のシーズンがやってきた。花粉症に悩む人にとって、この時期手放せないのがマスクだろう。

 ドラッグストアや量販店では廉価で大容量なものタイプから多層構造の特殊フィルターに光触媒をコーティングした高機能なものまで、さまざまなタイプのマスクが並んでいる。ただ、フィルター機能としては“花粉・ウイルス99%カット”などでそれほど違いはない。そんななか、今回注目したのが「耳が痛くならない」機能だ。マスクを長時間着用していると、マスクのひもが耳の後ろを圧迫して痛くなってくる。最近のマスクは密着度が高いので、耳を締め付けられる経験がある人は多いだろう。

 「これまでの当社のマスクに関する要望のなかで、『耳が痛くならないマスクがほしい』という声が非常に高かったので、耳ひもを見直した」と語るのは、マスクのシェアでは国内トップクラスの売り上げを誇る玉川衛材の小野太一氏。現在、同社のマスクの多くは、幅広で柔らかい素材のゴムを使用している。

 実際に「フィッティ シルキータッチモア」を着用してみると、細いゴムに比べて肌触りも優しく、着用感も少ない。立体構造なので、口元に空間があり息苦しくないのも良い。試しに細いゴムと幅広ゴムを使ったマスクを半日ずつ着け比べてみたが、細いゴムは数時間たつと耳が痛くなり、着け続けるのが苦痛になってきた。それに比べて幅広ゴムは半日着けてもそれほど痛くならない。また、電話をかけるときなど、マスクをずらしていると細いゴムは緩んでくるが、幅広ゴムはそれほど劣化が感じられなかった。

 「マスクは花粉や風邪のときだけでなく、最近では伊達マスクなどのニーズも高まり、長時間着用するケースも増えてきた。機能性とともに、着け心地も商品開発には大切な要素」(小野氏)という。

「フィッティ シルキータッチモア」(ホワイトふつうサイズ7枚入り、希望小売価格500円)。耳ひもに軟らかく幅の広いゴムを使用しているので耳が痛くなりにくい。さらっとしてしなやかなフィルターも肌触りがよく、着け心地は快適だ
[画像のクリックで拡大表示]
「フィッティ 吸着分解マスクスーパーフィット」(ふつうサイズ5枚入り、希望小売価格550円)。 花粉・細菌・ウイルス飛沫などの空気中の有害物質を高い吸着力でとらえ、太陽の光によって二酸化炭素と水に分解する光触媒チタンアパタイト加工が施されている。伸縮性のある素材をマスクの両サイドとあごのラインに使用しているのですき間ができにくい。こちらも幅広ゴムを採用
[画像のクリックで拡大表示]