シェア自転車サービスは現在11社が提供中

 昨年来、中国の都市部で大ヒットしている自転車シェアリング。例えばオレンジ色の自転車が目印の摩拜単車(Mobike)は、電話番号と身分証(外国人はパスポート)で実名を登録し、「支付宝」「微信支付」などの電子マネーを利用して299元(約5000円)を専用アプリにチャージすると利用可能になる。専用アプリを起動して車体に貼られたQRコードを読み込むと自転車のロックが解除される仕組みで、任意の場所に駐輪してロックを掛けるまで、1時間につき1元(約17円)で利用できる。

 広東省の新聞「南方日報」がインターネットで実施したアンケートでは、摩拜単車をはじめとした自転車シェアリングを「よく知っている」と答えた人が53%、「少しは知っている」と答えた人が29%と、サービスの認知度は高い。また、自転車シェアリングについては「時間を節約できる」「自転車に乗るのが好きなのでうれしい」といったポジティブな意見が目につく一方で、「いろいろな場所に駐輪されていて管理が不十分」という声もあった。

 オレンジ色の自転車の摩拜単車や黄色のofoは、サービスがスタートすると瞬く間に普及した。ヒットすれば、それを模倣するサービスが続々と出てくるのは中国のお約束で、現在は水色の小鳴単車、青色の小藍単車ほか、計11社が自転車シェアリングサービスを提供している。

 しかし、利用者としては各サービスの専用アプリを導入した上で一定額をチャージしなければならないため、複数のサービスに登録するのは煩わしい。今後、摩拜単車は60万台、ofoは100万台、小鳴単車は40万台、小藍単者は20万台を投入するとしているが、将来的には数社に絞られていくのではないだろうか。

 余談になるが、欧米には独ダイムラーによるカーシェアリングサービス、car2goがある。car2goは国家中心都市の1つである重慶でサービスがスタートしており、中国企業による緑狗租車、EVCARD、一度用車、友友用車、EZZY、TOGOといったサービスも登場している。自転車に比べると車を運転できる人は限られるので、どこまで普及するかは未知数だ。とはいえ、予想できないものが普及することもある国だけに、今後の動向に注意したいところ。

水色の自転車が目印の小鳴単車。利用者はまだ多くない
[画像のクリックで拡大表示]
貧困層が集まる「城中村」でもシェア自転車を見かける
[画像のクリックで拡大表示]
車体に貼られたQRコードを読み取るとロックが解除される
[画像のクリックで拡大表示]
自転車にロックを掛ければサービスが自動的に終了する
[画像のクリックで拡大表示]
カーシェアサービスのEVCARD。街中で目にする機会はまだ少ない
[画像のクリックで拡大表示]