今年も斬新なスマートデバイスが続々!

 中国企業がデザインした中国市場向けの製品の中から特に素晴らしいデザインの製品を表彰する「中国好設計」。昨年実施された第1回に続き、このたび第2回の受賞製品が発表された。

 今回も有名企業、ベンチャー企業を問わず、さまざまな製品が受賞したが、今回は昨年よりデジタル製品が多かった印象だ。ということで、比較的価格の安いデジモノを中心に、受賞製品の一部を紹介していきたい。

 まずは北京愛耳目科技(Lermu)のスマートウェブカム「小転」。小転といっても転がるわけではなく、カメラ部が360度なめらかに回転して撮影する。スマートフォンによるリモート操作で遠隔にも対応して価格は699元(約1万2000円)。

 ウェブカムとしては、微鯨科技(WhaleyTechnology)の「魚眼智能摂像頭(スマート魚眼カメラ)」も面白い。赤外線センサーを搭載し、暗所に強いのが特徴だ。微鯨科技はあまり知られていないメーカーだが、薄型テレビやVR製品をリリースしており、同社のスピーカー分離型の78型曲面テレビ「W78 天幕」も同賞を受賞している。

北京愛耳目科技の小転。デジタル8倍ズームまで可能
[画像のクリックで拡大表示]
微鯨科技のスマート魚眼カメラは現段階では未発売
[画像のクリックで拡大表示]
スピーカーにもこだわった微鯨科技の78型曲面テレビ
[画像のクリックで拡大表示]