定番の山寨機がスマートフォン化して登場!

 ファーウェイやオッポ、ビーボといったスマートフォンメーカーが、アップル、サムスンの牙城を崩さんばかりにシェアを伸ばしている一方で、中国では“山寨機(シャンジャイジ)”と呼ばれるチープでうさん臭い端末もいまだに売られている。山寨機を扱っている店は、携帯電話の卸売市場などに限られるので、買うならオンラインショップが楽だ。

 筆者もこれまでもさまざまな山寨機を購入してきたが、結局は使いものにならず、話の種のためのオブジェと化している。理由は従来の山寨機がフィーチャーフォンであり、OSが中国語と英語しか対応していないからである。

 今回紹介するのは、山寨機の独特なデザインを継承したスマートフォンだ。山寨機としては以前から自動車型のフィーチャーフォンがあるのだが、そのスマートフォン版が登場したのである。言うまでもなくスペックは貧弱だが、Androidを搭載したおかげで日本語のウェブサイトも表示可能になった。

自動車型ほか、キャラクターものやたばこの箱のようなデザインの山寨機もよく見掛ける
[画像のクリックで拡大表示]
自動車型端末は淘宝網でも手に入る。ほとんどがフィーチャーフォンだが、数百台単位で売れている店もある
[画像のクリックで拡大表示]
購入した自動車型スマホ。寸分違わぬデザインの製品が複数のブランド名でリリースされていたりする
[画像のクリックで拡大表示]