スタンドライトは、あえて実店舗で探す

 中国語で「台灯」ことスタンドライトは今、中国で最も旬な家電かもしれない。家電量販店はもちろん、スーパーや雑貨店、書店などでも見かけるのだ。各店がさまざまなメーカーのさまざまなスタンドライトを販売している。

 いくつもの機能を詰め込んであるのが中国製品の特徴ともいえるが、スタンドライトも例外ではない。筆者が見かけただけでも「日付や気温を表示」「スピーカー搭載」「ウェブカメラ搭載」「Wi-Fi中継機能搭載」など、いろいろな付加機能を搭載したスタンドライトがあった。しかも、悩ましいことに“全部入り”の製品がない。一度気になりだしたら止まらなくなり、何か面白いものはないかとあちこちの店を巡り歩くことになった。

 言うまでもないが、多機能なものやエッジの利いたデザインのものは、「淘宝網(タオバオ)」などのショッピングサイトを探せばいくらでもある。しかし、やたらに多機能で肝心のライトが残念で使いものにならないという製品もすくなくない。あえて実店舗を回ったのは、実用的かどうかを見極めたかったからだ。

 結果、リマックスというブランドのBluetooth接続スピーカー内蔵LEDスタンドライト「RBL-L3」を買うことに決めた。価格は399元(約6800円)。筆者は黒の本体カラーを選んだが白もある。

 ちなみにリマックスは、昨年あたりから中国全土で急増したスマートフォン関連製品のブランドで、日本にも進出しているようだ。当連載でも半年ほど前に「異色のスマホ用アクセサリーショップが面白い」という記事で取り上げた。日本語版のウェブサイトもあるので、のぞいてみるといいだろう。

リマックスの店舗。スマートフォン関連ではないが、スタンドライトも置いてあった
[画像のクリックで拡大表示]
スピーカー内蔵、SDカードスロット搭載、Bluetooth対応という多機能な製品
[画像のクリックで拡大表示]
ネットでは「モバイルバッテリー内蔵」など、独創的な製品が見つかる
[画像のクリックで拡大表示]