妄想の始まりにふさわしい「扉」を付けた

 2018年のプレミアム版には表紙を付けた。創業90周年にちなみ、販促物自体の特別感を狙ったという。「華やかなゴールドを使ったロゴをあしらい、ポスターとしても使えるようにゴージャスに仕上げています」(田中社長)

 こちらがその表紙。妄想の旅先でこれから何か始まりそうな、まさに扉にふさわしい1枚である。

博水社創業90周年を記念し、美尻カレンダー2018プレミアム版の表紙を飾る美尻ちゃん(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]

 「表紙は、清涼飲料水である割り材ならではのお尻でキメました。“清”らかで“涼”しげでしょ? 太ももが引き締まった女性はお尻もキレイなんです。90周年の感謝の気持ちを込めた、ギフトっぽいお尻になったと自負しています。美脚と美尻のセットでご覧いただきたい絶品の表紙です」(田中社長)

お尻みたいな美胸もサプライズ初登場!

 2018年版には、驚きの「美胸」も初登場した。お尻みたいに丸々した美胸ちゃんだ。こちらも切り取ってポスターにどうぞ。

美尻カレンダー2018スタンダード版の最終ページを飾る美胸ちゃん(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、表紙はプレミアム版、美胸はスタンダード版にのみ付いている。扉と美胸を手に入れるには、両方のカレンダーを買わなくてはならない。

「野球に例えると、2018年版は球質にもこだわった“ドスンとくる美尻”」

 同社営業部の伴(ばん)秀雄部長は、今回も好きな野球に例えて美尻ちゃんを講評した。

 「2018年版のお尻を見て感じるのは、いかにキレのある変化球を身につけても打たれるときは打たれる、ピッチャーの基本はストレート、ということ。良いストレートというのは、球速だけではなく球質にもこだわった、重いドスンとくるストレートです。今回選ばれたお尻たちも“ドスンとくる美尻”。迫力がある。ハイサワーのウリである強炭酸(※)がはじけるようなピチピチ感を通り越して、まさに爆発しそうなお尻ですよ!! 13枚版のお尻を並べると、完全にノックアウトを食らう。より凝縮された7枚版になれば、7回コールドですね(笑)。来年はどんな手を使ってくるんだ! と期待が膨らみます」(伴部長)

※ハイサワーは焼酎や氷と混ぜる割り材。割ってもピチピチはじけるのどごしを高めるため、そのまま飲む一般的な炭酸飲料より、さらにたっぷりの炭酸を入れている

美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の8月を飾る美尻ちゃん(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]
美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の11月を飾る美尻ちゃん(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年美尻カレンダーの発行部数は、酒屋・飲食店への配布と、一般への販売を合わせて約8000部。熱烈なファンからは、夏のうちから「今年も無事に入手できるか気が気じゃない、毎日ソワソワする」といった声が届くそうだ。

 お尻というのはバスト同様、加齢とともに垂れていく。垂れ尻への段階的変容はこちらの記事「誰でも桃尻になるガードル、地味な見た目に込めた工夫」で図解した。ブラジャーによる作為的な造形が可能な胸とは違い、丸出しの状態でプリプリしたお尻は、女性の人生では束の間の、若さゆえの賜物である。短命を思えば、美尻ちゃんのプリプリはなおのことまぶしく映るのでは……。

ハイサワー美尻カレンダー2018「プレミアム版」を飾る12神尻
[画像のクリックで拡大表示]

著者

赤星千春(あかぼし ちはる)

「?」と「!」を武器に、トレンドのリアルな姿を取材するジャーナリスト。