涙をのんで落選させた美尻ちゃんもいる

 なかには、涙をのんで諦めた「超残念な美尻」(田中社長)もいる。「フワッフワのせっけん風呂からプニュンとお尻が出た、かわいらしい美尻なんです。まわりにお花がハート形にあしらわれて絵葉書を見るようにステキな美尻でしたが、ほかのお尻との構図が違いすぎて、最終的に美尻カレンダーには選ベませんでした」(同)

 また、2018年版の13尻(12カ月+表紙)入りは満場一致で決まったものの、何月に入れるかでモメたお尻もある。「布部分がヒモしかない究極のTバックのコ」だ。このコをいつ出すのか? ギラつく真夏の登場を推す派と、いきなり年初めの登場を推す派もいて意見が割れたが、決め手は「キラキラ」。クリスマスシーズンにこそふさわしいと、12月の飾り尻にした。「美尻の真ん中がキラキラキラキラ輝いている、本当にステキな美尻です」(田中社長)。

美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の12月を飾る美尻ちゃん。「スタンダード版」(隔月めくり)の11・12月にも登場する(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにもう1尻、特筆すべきお尻といえば、「水辺からジャ~ンと出現する美尻ちゃん」。「これまでのカレンダーにはない初モノ。斬新な美尻に出会えるとメンバー全員、おお~っ!と歓声を上げるんですよ」(美尻グッズ部)

美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の7月を飾る美尻ちゃん。「スタンダード版」(隔月めくり)の7・8月にも登場する(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]

美尻ちゃんはお尻一丁で顧客を増やす、スゴ腕の営業ウーマン

 「レモンサワーは昭和のおじさんの飲み物というイメージが強いですが、最近の酒場人気とレモンサワーブームを追い風に、若年層を中心に見直され、ファンを増やしている」と田中社長。ハイサワーレモンは甘くないので料理ともけんかしない。飲食業界で美尻ちゃんはお尻1つで顧客を増やす、スゴ腕の営業ウーマンでもある。

 ハイサワーの取り扱いは関東圏以外ではまだ少ないが、「美尻グッズをきっかけにハイサワーを知った」という店舗からの新規注文が増えているそうだ。首都圏では、2016年の酒屋・飲食店への販売数量は前年比7%増の約229万本。3年連続で増加し、好調とのこと。大衆酒場に美尻ちゃんはよく似合う。

美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の3月を飾る美尻ちゃん(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]
美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の4月を飾る美尻ちゃん(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]
美尻カレンダー2018「プレミアム版」(月めくり)の6月を飾る美尻ちゃん。「スタンダード版」(隔月めくり)の3・4月にも登場する(画像提供:博水社)
[画像のクリックで拡大表示]