女性のビジネスパーソンは、どんな仕事用カバンなら使い勝手が良く、かつ美しい姿に見えるだろうか。得意先回りにPCや書類を持ち歩く営業職に就くような女性は増えたが、カバン市場は旧態依然としたまま。従来のビジネスバッグは男性が使うのを想定した設計だから女性の手には重く、使いづらく、服装にも合わせにくい。といって、ハンドバッグで代用するには機能不足、収納力も耐久力も足りない――。

 働く女性がカバンに抱くこうした不満を解消しようと、総合バッグメーカー大手のエースは女性社員から意見を募り、女性目線で開発したビジネスバッグの新カテゴリー「WORK STYLE BEAUTIES」(ワークスタイルビューティーズ)を2016年秋に立ち上げた。女性ビジネスパーソン向けバッグ市場の開拓に向け、商品コンセプトは“ジェンダーフリー”の位置付け。第1弾は、機能性とデザインを「ビジネス」「ビジネスカジュアル」「ビジネストローリー」の3つに分けたシリーズで展開する。

「WORK STYLE BEAUTIES」で展開する第1弾の3シリーズのうち、最もベーシックなデザインが特徴の「ビジネスシリーズ」(PCケース、トートバッグ×2、ブリーフケース、リュックサック)。価格は6500~1万7000円(画像提供:エース)
[画像のクリックで拡大表示]

 「実用性だけでなく、美しい立ち居振る舞いをサポートして“所作美人”を目指す」(同社)とうたうビジネスバッグだ。一体どんな特徴があるのか? 男性向けビジネスバッグとの違いに注目してみたい。

メーカー各社がうまく取り組めなかった「新しい市場の開拓」に、本格的に着手

 総務省の調査によると、日本の労働力人口は1998年(平成10年)をピークに長期的な減少傾向にあるが、男女別では違いが見られる。全産業合計の就業者数は、2003年からの10年間で男性は109万人が減少する一方、女性は104万人の増加となった(※内閣府男女共同参画局資料による)。具体的な職種については細かく調べる必要があるが、近年、女性の活躍の場を広げる取り組みを強化する企業が増え、女性のビジネスパーソンは増えている。女性の登用推進で役職に就く人も増えている。にもかかわらず、女性向けのビジネスバッグはこれまで市場を形成できなかった。

 マーケティング部 PR・広報担当チーフの森川 泉さんはこう説明する。「メーカー各社がチャレンジはするものの、正直なところ、うまく取り組めなかったカテゴリーでした」。なぜか? 理由の1つに挙げるのが、商品と売り場のマッチングの問題だという。「業界が『カバン』と『ハンドバッグ』の2つに分かれていることに加え、百貨店のカバン売り場の多くはメンズフロアにあり、女性向けのカバンも男性向けと同じ売り場に置かれてしまう。メンズフロアに1人で行く女性はほとんどいないので、商品を作っても消費者に届かない。ニーズは確実にあるのですが、思うように売れず、メーカーは生産を止めてしまう。市場が根づかない、という状態でしたね」

 WORK STYLE BEAUTIESという新しいカテゴリーを、社名を冠したバッグ&ラゲージブランド「ace.」(エース)でスタートさせたのは、女性ビジネスパーソンをターゲットとする市場開拓に本格的に取り組み、需要拡大を狙う意欲の表れだ。百貨店と専門店を中心に全国の約260店舗で販売し、売り上げの目標額は初年度3億円、次年度5億円。「当面は開拓の段階ですが、強い意志を持って年々伸ばしていく」(森川さん)と意気込む。