辛口評価で好評の戸田覚氏が、エイスースの2 in 1ノート「ASUS TransBook T90 Chi」を徹底チェック。Windows 10搭載タブレットだからこその欠点とは!?

 8.9型液晶のWindowsタブレットが3万円以下と聞くと、かなり安いが、あり得ない価格ではないと思う。ところが! エイスーステック・コンピューターの「ASUS TransBook T90 Chi-3775」は、3万円を切りながらもキーボード付き2 in 1ノートだというのだから恐れ入る。

 実を言うと、僕はASUS TransBook T90 Chiを「2 in 1モデル」とは呼びたくない。2 in 1モデルは、あくまでもタブレットとノートを兼ねるものだと考えているからだ。

 キーボードが脱着できるタイプだとしても、2 in 1モデルならキーボード側にも各種コネクターが配置されているべきだろう。専用のキーボードが用意されているだけなら、それは単なるタブレットだ。僕の基準ではマイクロソフト「Surface」もタブレットに入る。そう考えなければ、キーボードケースを付けるだけで、ほとんどのタブレットが2 in 1モデルになってしまう。

 それはさておき、ASUS TransBook T90 Chiが素晴らしいのは、241×137×7.5mmというスリムさ。キーボードを付けても厚さは16.5mmだ。400gという重量もなかなか軽く、キーボード込みでも750gに収まっている。

ノートパソコンのように見えるASUS TransBook T90 Chiは価格が魅力
[画像のクリックで拡大表示]
厚さ6.1mmのiPad Air 2に対し、ASUS TransBook T90 Chiは7.5mm
[画像のクリックで拡大表示]
専用キーボードを取り付けても16.5mmと、とてもスリムだ
[画像のクリックで拡大表示]