エイスーステック・コンピューターの攻勢が止まらない。「ZenFone 3シリーズ」で複数モデルが登場したと思いきや、手ごろな価格でカメラに力を入れた「ZenFone 3 Laser」が投入された。名称に「Laser」とあるので、高速な「レーザーオートフォーカス」が特徴のスマートフォンと思うかもしれないが、実はZenFone 3も「レーザーオートフォーカス」を搭載している。それだけでなく、最新の像面位相差AFや、被写体を追尾してピントを合わせるコンティニュアスAF、光学手ぶれ補正機能も組み合わせている。つまり、カメラ機能ではZenFone 3のほうが上なのだ。

 そこで今回は、両モデルの違いをチェックしつつ、それぞれをレビューしていこう。まず、主なスペックだ。

【ZenFone 3 Laser】
●実売価格:3万円前後
●本体サイズ:149×76×7.9mm
●重量:150g
●液晶:5.5型フルHD
●CPU:Snapdragon 430
●メモリー:4GB
●カメラ:1300万画素
●その他:2SIMスロット(4G/3G/2G同時使用不可)

【ZenFone 3】
●実売価格:4万3000円前後
●本体サイズ:146.8×73.9×7.69mm
●重量:144g
●液晶:5.2型フルHD
●CPU:Snapdragon 625
●メモリー:3GB
●カメラ:1600万画素
●その他:2SIMスロット(DSDS)

 メモリー容量と液晶サイズ以外のスペックでは、ZenFone 3が上位モデルであることは間違いない。処理性能もそれなりに差があり、ベンチマークを取るとはっきりと数字に出る。ZenFone 3 Laserは明らかに下位モデルで、ZenFone 3は中級モデルといったところだ。ウェブサイトの閲覧程度なら、どちらも遅いと感じることはないが、ヘビーなゲームをプレーするのはちょっと厳しいだろう。

左からiPhone 7 Plus、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3。ZenFone 3 Laserの液晶はiPhone 7 Plusと同じ5.5型だが、本体サイズはZenFone 3に近い
[画像のクリックで拡大表示]
ZenFone 3 Laserのベンチマークスコアはかなり低い
[画像のクリックで拡大表示]
ZenFone 3は中級モデルとして十分なスコアだ
[画像のクリックで拡大表示]