ベンキュージャパンから新しいポータブルLEDプロジェクター「G310J」が登場した。脱着式のバッテリー付属、Android OS搭載という、なかなか面白い製品だ。

 まずはスペックだが、本体サイズは、146×139.2×46.5mmとWi-Fiルーターの親機くらいの大きさだ。ただし、バッテリーを装着すると146×139.2×65.7mmと厚みが増す。また重量は、本体だけで重量570g。こちらはバッテリー込みだと970gになる。

 モバイルプロジェクターにはいろいろな種類があり、「ポケットプロジェクター」と呼ばれる超小型モデルも登場している。G310Jは、それらと比べるとやや大きいので「小型プロジェクター」くらいの表現が適切だろう。明るさは300ルーメンと、小型プロジェクターとしては標準的だが、一般的なプロジェクターに比べると1/3~1/10程度なので、大きく投影するなら部屋をかなり暗くする必要がある。

 G310Jは短焦点も特徴の1つになっており、1mの距離で60インチの投影が可能。とはいえ、さらに焦点距離の短いモデルもあるので、「やや短焦点」くらいと考えておくのがよさそうだ。

G310Jの本体は手のひらサイズ
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリーは本体の下に取り付ける
[画像のクリックで拡大表示]
明るさはさほどでもないので、部屋の照明も適切に調整したい
[画像のクリックで拡大表示]