モトローラから新しいSIMフリースマホ「moto X4」が登場した。実売価格は6万円弱で、スペックとしてはミドルクラスだ。

 moto X4の液晶は5.2型。最近流行の狭額縁ではなく、極限まで画面を大きくした最新モデルのような目新しさはない。一方で、背面には最近増えているガラスパネルを採用。ミラー仕上げがとても美しく、光の当たる角度によってさまざまな表情を見せる。

 また厚さは7.99mmに抑えられており、角が丸みを帯びているので手にもよくなじむ。側面は金属製で、エッジの部分はダイヤモンドカットになっているが、以前のようにキラキラしてはいない。かなり落ち着いた感じになっているのは、この秋のトレンドだ。

 デザイン上の特徴と言えるのが背面のデュアルカメラ。多くのスマートフォンがレンズの突起を抑えるように設計されているのに対し、moto X4はレンズ部分を10円玉大の丸いアクセントにしている。好みの分かれそうな外観だが、価格なりの高級感はある。

新登場のmoto X4は、5.2型液晶を搭載するミドルクラスの端末
[画像のクリックで拡大表示]
背面はミラー仕上げになっていて、角度を変えるとキラキラと輝く
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ部分の大きな突起がアクセントになっている
[画像のクリックで拡大表示]
付属品のUSBケーブルと充電用のアダプター。白いイヤホンも同梱されている
[画像のクリックで拡大表示]