256GBを選ぶと困るユーザーも多そう

 iPhone Xは、ラインアップがちょっと微妙だと思っている。ストレージが64GBと256GBという極端な構成なのだ。僕の場合、64GBでは絶対に足りないと思い256GBモデルを購入した。まだ使い始めて間もないので余裕があるが、半年もすれば相当に消費しているだろう。

 そこで気になったのがバックアップだ。iCloudへのバックアップは、無料で利用できる5GBでは絶対に足りないし、バックアップのために容量を追加するのもしゃくだ。パソコンにバックアップすればいいのだが、ハードディスクに200GB以上の空きを確保できているユーザーがどれほどいるのだろうか? ちなみにパソコン版「iTunes」のバックアップ先は標準でCドライブになっている。ちょっと設定を変えれば別のドライブにもバックアップできるのだが、初心者にはハードルが高いだろう。

 最近のSSD搭載ノートパソコンは128~512GBの容量のものが主流なので、ストレージの容量不足に悩むユーザーが出てきそうだ。バックアップ先を簡単に変更できるように仕様を変えてほしいと思う。

ストレージにはまだ空きがあるが、半年もするとバックアップで困りそうだ
[画像のクリックで拡大表示]