カメラ性能も向上している

 iPhone Xのカメラは、望遠側にも手ぶれ補正が付いたり、インカメラでも「ポートレートモード」が利用可能になるなどいろいろと進化している。

 普通に撮っても驚くほどきれいなのだが、これはカメラよりもディスプレーによるところが大きいのだろう。それより僕が感心したのは、暗いシーンでの画質の向上だ。iPhone 7 Plusと比べても色合いが自然になり、光の差がある部分でも白飛びが抑えられている。また、ノイズも軽減されていて、ずいぶん違いがある。

 もっとも、他社のスマートフォンも高級モデルはカメラ性能が向上しているので、さほど大きな差があるというわけではないが、かなり良くなっていることは実感できるはずだ。

iPhone Xのカメラは、最新モデルらしくデュアルレンズを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
左がiPhone 7 Plus、右がiPhone Xで撮影した写真だ
[画像のクリックで拡大表示]