Lightning接続の手軽さがいい

 RAYZ Rallyは、iPhoneやiPadといったiOS端末に接続して使うLightning端子付きのスピーカーホンだ。僕はコンパクトなBluetoothスピーカーも所有していて、こちらもスピーカーホンとして利用できる。機能的にはRAZY Rallyと大差ない。

 しかし、とっさに電話がかかってきたとき、Bluetoothスピーカーは使いにくい。ペアリングが面倒で、相手を待たせてしまうからだ。かかってくると分かっているときや、こちらからかけるときは、あらかじめペアリングしておけばいいのだが……。

 その点、RAYZ Rallyは端子を挿し込むだけで使える。これが最大のメリットだ。しかも、気が利いていることに本体に給電ポートがある。基本的にはiPhoneから給電しながら利用するわけだが、給電ポートにLightningケーブルを挿し込めば、iPhoneを充電しながらスピーカーホンとして使うことができるのだ。

 電話だけでなく「Skype」などのIP電話でも利用できるので、給電しながら利用すれば、通話料も電池残量も気にすることなく会話を楽しむことができる。

iPhoneに挿し込むだけで使える。端末から給電されるので充電は不要
[画像のクリックで拡大表示]
コンセントから給電しながら利用するとiPhoneに充電できる
[画像のクリックで拡大表示]
専用アプリのインストールも簡単。アプリのデザインも悪くない
[画像のクリックで拡大表示]