手描きのイラストにも対応する「手書きメモ帳」

 手書きができるノートアプリの場合、「画面の狭いiPhoneで手書きは無理がある」と思う人は多いはずだ。手書きにこだわってiPadを多用している僕も、EvernoteなどではiPadで書いたノートを見る程度にしかiPhoneを使っていない。画面が狭く、専用のスタイラスもないiPhoneが書きやすいとは思えないからだ。

 ところが、「手書きメモ帳」は、iPhoneでも問題なく使える。スタイラスがなくても、つまり指でも何とかなってしまうのだ。

 特にちょっとしたメモを取るのには最適だ。スクリーンキーボードでの入力が苦手な人、手書きでの文字入力が好きな人はぜひ使ってほしい。僕も、電車の移動で座れたときには、結構使っている。ふと思いついたアイデアを書きとめておくのに便利なのだ。

 入力時の画面には四角い枠が2つ表示され、そこに1文字ずつ書いていく。2文字目を書くと、最初の文字が確定する仕組みで、空いている枠にどんどん書いていくだけだ。すると、ノートの罫線上に文字がきれいに並んでいく。自動で縮小されるので指で書いた文字でもそれなりに見やすくなる。

 手描きのイラストにも対応する。イラストはできればスタイラスを使った方が書きやすいだろう。細かい図の描画には向かないが、文字では表現できない簡単な図を入れたいときには便利だ。

 手書きしたメモはEvernoteに転送して保存できる。ファイルを一元管理できるだけでなく、Evernoteを使うと検索にも対応するのが素晴らしい。つまり、手書きの文字を認識してテキスト検索できるのだ。これによって、メモを探すのが楽になる。

 無料版では広告が表示されるが、機能は十分に試せるはずだ。有料版は240円のアプリ内課金となっている。

2つの枠に1文字ずつ書いてくことを繰り返すと文章が入力できる
[画像のクリックで拡大表示]
手書きのイラストにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]
描いた図を貼り付けた。図は好きな位置に移動することも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
ファイルはEvernoteに書き出すことができる
[画像のクリックで拡大表示]
Evernoteに転送すると画像内のテキストを認識して検索できる。つまり、手書きのノートも見つけやすくなるわけだ
[画像のクリックで拡大表示]