僕は普段からスマートフォンやタブレットを持ち歩いている。仕事で出掛けるならパソコンを持ち歩くこともあるが、プライベートではスマートフォンだけのことも多い。

 そんなときに困るのが文字入力だ。何度も書いて恐縮だが、僕はスクリーンキーボードで入力するのが得意ではない。代わりに音声入力を利用することもあるが、静かな場所では気が引けるので、やっぱりキーボードがあったほうが心強い。

 ということで、スマートフォンで使える折り畳み式のモバイルキーボードで少しでも使いやすいものはないかと日ごろから物色しているのだが、つい最近は3Eの製品が目に付いた。Bluetooth接続の折り畳み式キーボードは製品がとても多いが、その中でも3Eの製品はネットなどでのユーザーの評価が高い。日本のメーカーでサポート対応窓口もあるので、安心して使えそうだと思ったのだ。

 実は、モバイルキーボードは全く同じ製品でありながら、複数のメーカーからリリースされるOEM(original equipment manufacturing)製品が少なくない。このため、他社からもほぼ同じ製品が出ている。ただ、3Eの製品は、やや高価ということもあってか、同じOEM製品でもキー配列などにこだわりがあり、「BackSpace」キーと「Delete」キーを両方備えているので使いやすい。

 今回は、新たに登場した3Eオリジナルの縦2つ折りキーボードと、定番の3つ折りキーボード、同じ3つ折りでもフルサイズのもの、キーボードの右側にタッチパッドが付いた変わり種の4種類を試してみた。使ってみて感じたのはいずれも剛性が高いことだ。畳んだ状態ではどのモデルも非常にしっかりとしたつくりで、安価な折り畳み式キーボードによくあるぐらつきがないのが素晴らしい。購入するとしたらどれがよいだろうか。

定番から最新モデルまで、試用したキーボードは4種類
[画像のクリックで拡大表示]