iPadを屋外で使っている人をよく見かけるようになった。僕自身もパソコンの代わりにiPadを持ち出す機会が増えている。メールやウェブサイトのチェックなら、iPadでも十分なのだ。ところが、いつの間にか「もっと本格的に使いたい」と思うようになり、iPad用の外付けキーボードが欲しくなる。

 外付けのキーボードはBluetooth接続が主流だが、iPad Proシリーズからは新しい接続端子として「スマートコネクター」が登場し、アップルの純正キーボード「Smart Keyboard」にもこの端子が採用された。ただ、タイプ感が個人的に好きになれず、購入には踏み切れずにいた。そこで、ロジクールが今年8月に発売したスマートコネクター接続の9.7インチiPad Pro用キーボード「CREATE」を試してみることにした。

 Smart Keyboardとの外見上の違いを挙げるなら、CREATEは本体背面までを覆うケースとして利用できることだろう。Smart Keyboardは、液晶面のカバーにはなるが背面はむき出しだ。

CREATEは、スマートコネクター接続の9.7インチiPad Pro用キーボード
[画像のクリックで拡大表示]
背面もしっかりカバーしてくれるのがアップル純正品との違いだ
[画像のクリックで拡大表示]