以前、このコラムで、手書きのノートはすぐにスキャンすること、スキャンするのに適したノートやメモ帳、アプリについて取り上げた(関連記事:メモ書きは即スキャン 仕事が早まるデジタル化の極意)。今回はその保存方法や活用方法を紹介したい。

 さて、僕は手書きのメモをスキャンするなり、スマートフォンで撮影するなりした後、PDF形式に変換してパソコンの「手書きノート」というフォルダーに保存している。以前は、スキャンしたメモを「Evernote」に直接転送し、画像として「ノート」に添付する形で保存していたのだが、あるときノートからスキャンしたメモだけを取り出すのが大変なことに気付いたのだ。

 Evernoteでは、ノートを選択して「ノートをエクスポート」し、「単一のHTML Webページファイル」として書き出すと、ノートに添付した画像だけ取り出せる。ただ、このひと手間が面倒だ。しかも、iPhoneで撮影したメモの画像は、Evernoteに保存した後で取り出すとPNG型式になってしまう。

 使用するアプリを乗り換えるときもやっかいだと気づいた。僕は最近、メインで使うノートアプリをEvernoteからOneNoteに乗り換えようとしたのだが、専用のツールを使っても移行作業がいまいち上手くいかない。大量のノートが溜まってから取り出せないと大変すぎる。そんなこともあって、手書きのメモを保存する際は、すべてPDF形式のファイルにしておくことにしたわけだ。

手書きのノートをスキャンしたらPDF形式でパソコンのフォルダーに保存するようにしている
[画像のクリックで拡大表示]
Evernoteでは、「ノートをエクスポート」を実行
[画像のクリックで拡大表示]
「単一のHTML Webページファイル」を選ぶと添付ファイルを取り出せる
[画像のクリックで拡大表示]
ただし、取り出した画像ファイルはPNG形式になっている
[画像のクリックで拡大表示]