Androidを搭載し単体でも利用可能

 パソコンとの接続には、一般的なプロジェクターと同じく、HDMIケーブルを使用する。また、ミラキャストにも対応するので、ワイヤレスでの接続も可能。これも、最近のモバイルプロジェクターに備わっている機能だ。

 ただ、最大の特徴は、本体にOS(Android 7.1)を搭載し、単体でコンテンツを投影できること。動画配信サービスなどは、スマホからプロジェクターにミラーリング/キャストができないが、本体に配信サービスのアプリをダウンロードして使えばいい。AmazonプライムビデオとYouTubeをダウンロードして利用してみたが、どちらも問題なく再生できた。他にも、NetflixやTEDが利用できる。対応アプリなどは、メーカーのウェブページやアマゾンの商品ページに詳しく掲載されているので、購入前にチェックしておくと良いだろう。

 いろいろ試してみたのだが、動画を見るなら、スマホからプロジェクターにわざわざ出力する意味があまりないと感じた。アプリを本体にダウンロードして使うほうがずっと便利だ。付属のリモコンでの操作もいまひとつ。操作用のスマホアプリが用意されており、インストールするとスマホをタッチパッド+キーボードとして利用できるのでこちらのほうがいいだろう。パスワードや映画名の入力なども楽だ。

 家庭向けのプロジェクターとして暗くした部屋で使ったり、旅行先に持ち出すなら最高の製品だ。たまに仕事で使う時には、HDMIケーブルでパソコンとつなぐ――そんな使い方をするなら超おすすめ。僕も欲しくなってきた。

本体にアプリをインストールすれば、単体で動画配信サービスを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
Amazonプライム・ビデオを投影してみた
[画像のクリックで拡大表示]
YouTubeも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
リモコンでは文字入力が面倒
[画像のクリックで拡大表示]
スマホに専用アプリを入れると、スマホをタッチパッド+キーボードとして使えるので文字入力にお薦め
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク

著者

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれのビジネス書作家。著書は120冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。近著に、『ここで差がつく! 仕事がデキる人の最速パソコン仕事術』(インプレス)がある。
Facebook: https://www.facebook.com/toda001