ファッション業界では、コラボモデルが結構はやっている。吉田カバンはコラボモデルに積極的で、ポール・スミスやミッソーニなどと組んだバッグをリリースしているし、アレキサンダー・マックイーンとプーマがコラボしたスニーカーもちょっと話題になった。パソコンなどでもコラボモデルはあるのだが、ゲームやアニメのキャラクターなどが中心で、僕が興味を持てるものはなかなかない。そんな中、VAIOとメルセデス・ベンツ日本がコラボしたパソコンが登場した(関連記事:メルセデス仕様のVAIO Zは「エンジン音」がスゴイ!)。

 今回のコラボでは、「ものづくりにこだわる姿勢が共通する」とのことでVAIOがメルセデスに声を掛けたそうだ。メルセデスも車のオーナー以外にも関心を持ってもらいたいという目的から、ゴルフボールや時計、水筒など自動車以外のオリジナル商品をいろいろと展開している。

 今回のコラボモデルは、アマゾンのメルセデス日本公式オンラインストアで限定100台を受注生産するとのこと。価格は25万円(税込み)からだ。

コラボモデルではメルセデス・オリジナルの壁紙を用意
[画像のクリックで拡大表示]
ベースであるVAIO Zはフリップ方式による2in1モデル
[画像のクリックで拡大表示]