ここのところイヤホンが驚くほど進化している。iPhoneのイヤホンジャックが廃止されるとともに、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンが一気に増加。アップル「AirPods」がヒットすると、各社もそれを追いかけるように、完全ワイヤレスイヤホンをどんどん投入してきた。加えて、ノイズキャンセリング機能やSMS、LINEなどのメッセージを読み上げる機能を搭載した製品もあり、まさに百花繚乱といった状態だ。

 僕としては、音は良いにこしたことはないものの、オーディオマニアほどのこだわりはない。むしろ使い勝手や機能性、デザインなどにはとても興味がある。

 ということで、ソニーモバイルコミュニケーションズから登場した「Xperia Ear Duo」を試用してみた。左右独立タイプの完全ワイヤレスイヤホンなのだが、独自の「音導管設計」によって耳をふさぐことなく音楽などを聴けるのが特徴だ。ちょっと変わった形をしており、ドライバーユニットやバッテリーを収めた本体から細く延びたチューブのような音導管を通して音楽を聴く。耳に入れる部分は円形の穴が開いているので、周囲の音も聞こえる。「ヒアラブル」と呼ばれるタイプだが、使うのは初めてだったので、とても興味深かった。

 普通のイヤホンやヘッドホンは、なるべく周囲の音を聞こえないようにすることで、良い音を楽しむ“場”を作ってきた。その真逆をいく「Xperia Ear Duo」には、どんな価値があるのだろうか?

Xperia Ear Duoのパッケージ。入っている物は一般的な完全ワイヤレスイヤホンとほぼ同じだ。価格は2万9880円
[画像のクリックで拡大表示]